smadan

仮装通貨の確定申告、実際どう難しいの? 計算ツール「Coin Tool」プロデューサーに聞いてみた

仮装通貨の確定申告、実際どう難しいの? 計算ツール「Coin Tool」プロデューサーに聞いてみた

所得が20万円を超える場合は、仮想通貨も確定申告の対象となった。ネット上には「難しい」「わからない」という悲鳴が続々と上がっており、その光景を見て、「仮想通貨に興味はあるけれど、それだけ確定申告が大変なら……」と二の足を踏んでいる人も多いかもしれない。“仮想通貨の確定申告”を取り巻く現状について、仮想通貨の確定申告のための計算ツール「Coin Tool」のプロデューサーである清水正樹氏(株式会社エンファクトリー執行役員副社長)に話を聞いた。

個人が手動計算するのは諦めた方がいい!?


――「仮想通貨は確定申告が難しい」とは聞きますが、具体的にどう大変なんでしょうか?

まず、各取引所から取引履歴のcsvファイルをダウンロードするんですが、大変な行数になるんですよ。それをもとに所得計算をするのが一苦労です。あと、取引のうち一番ややこしいのは、“交換”です。たとえばNEMとビットコインを交換したとなると、交換当時のそれぞれの価格を調べないといけないんですが、それは取引履歴に大抵残っていないんですよね。しかも国内でその情報を過去にさかのぼって提供してくれているサイトは見たことがありません。たとえば、去年の3月2日15時28分に交換しましたとなったら、海外の仮想通貨・価格情報提供サイトにアクセスして、その時間の価格を調査した上で計算するという煩雑な対応が必要になってきます。

――面倒くさすぎる……!

交換や送金みたいな複雑な動きをしたり、取引の回数が多かったりすると、個人が手動計算で確定申告をしようとするのは、どんどん困難になっていきます。われわれも「Coin Tool」開発時、スタッフが手動で検算作業をしたのですが、あまりの大変さに全員が嫌がって苦労しました(笑)。

――税務署の窓口に行けば、職員さんに聞いて、なんとかなりません?

税務署の職員さんや税理士さんですら、計算方法は説明できても、実際の計算対応ができる人は少ないのが現状です……。

――そんなに確定申告が大変だと、仮想通貨を始めるハードルが上がってしまうのでは?

確かにそれはあります。確定申告の煩雑さもそうですし、他の株式に比べると税率も圧倒的に高い。それに雑所得扱いなので、損失を出したときの繰り越しができませんし、経費に入れられるものもほとんどありません。投資という点においては、仮想通貨の魅力が少し下がってしまったように思います。ただ、FXも年月を経て税率が下がっていったので、仮想通貨もその可能性があるという意見はありますが……。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク