ヒーローであると同時に王。このふたつの要素を一人の男がどのようにして両立させるに至ったかを、ブラックカルチャー文脈てんこ盛りで描いたのが『ブラックパンサー』である。
「ブラックパンサー」若きカリスマの伝説、ブラックカルチャーてんこ盛り!

マーベル史上初の黒人ヒーロー、ブラックパンサー


ブラックパンサーはマーベルコミックスにおける、アフリカ系初のスーパーヒーローである。コミックへの初登場は1966年。当初は『ファンタスティック・フォー』誌に登場した。アメリカにおいて人種差別を禁じた公民権法が成立したのが1964年。その後も黒人による反差別運動は過熱し、ベトナム戦争が終結する1970年代半ばまで続くことになる。その渦中にアフリカ系ヒーローを誕生させたわけだから、当時のマーベルはなかなか世情に敏感だったと言えるだろう。

また1960年代はアメリカン・コミックスにおいて"シルバーエイジ"と呼ばれる黄金期のひとつにあたる。ファンタスティック・フォーやXメン、スパイダーマンといった有名ヒーローたちが生まれたのがこの時期だ。

シルバーエイジのヒーローは人間的なもろさや多様性を持っているのが特徴で、例えばスパイダーマンで言えば「普通の高校生」である部分を押し出した作劇などにそれが見て取れる。アフリカ系ヒーローでありアフリカ大陸に存在する王国を統べる王という、ちょっと変わったスーパーヒーローであるブラックパンサーが成立した理由には、こうした土壌もあった。

怒涛のごときブラックカルチャー全部乗せ