review

「わろてんか」隼也の悲恋のモチーフか。笠置シヅ子の名曲「東京ブギウギ」は恋人との別れから生まれた

NHKの連続テレビ小説「わろてんか」、先週放送分は、芸人たちの引き抜き問題とヒロインの一人息子の恋愛の結末を軸に展開した。
※「わろてんか」全話レビューはこちらから

ドラマで描かれていたように、人気のある俳優や芸人の引き抜き合戦は、戦前から戦中にかけて、映画会社や興行会社のあいだで過熱していた。「わろてんか」の北村笑店のモチーフである吉本興業でいえば、夫婦漫才で人気絶頂だったミスワカナと玉松一郎(「わろてんか」のミスリリコ・アンドシローのモチーフ)が、1939(昭和14)年に松竹系の新興シネマに引き抜かれている。同時期には、やはり松竹傘下のレビュー団である松竹楽劇団(SGD)にいた笠置シヅ子も、東宝から盛んに誘われたが、恩師の作曲家・服部良一が引き留めたことあり、けっきょく松竹にとどまった。笠置は戦後、服部の作曲した「東京ブギウギ」などを歌い、一時代を築くことになる。
「わろてんか」隼也の悲恋のモチーフか。笠置シヅ子の名曲「東京ブギウギ」は恋人との別れから生まれた
小谷洋介『吉本興業をキラキラにした男 林弘高物語』(竹中功監修、KKロングセラーズ)。長らく東京にあって吉本興業を盛り立てた林弘高の評伝。弘高は、「吉本のドン」と呼ばれた兄・正之助の陰に隠れて、長らくその業績があまり知られていなかったが、近年、『吉本興業百五年史』の編纂の過程で新資料が発掘されたこともあり、再評価されるようになった

「わろてんか」隼也のモチーフとなった二人の人物


さて、この笠置シヅ子は、吉本興業ともある人物を通じて深いつながりがあった。その人物とは、吉本興業の土台を築いた吉本せいの一人息子・穎右(えいすけ)だ。ドラマのヒロイン北村てん(葵わかな)には、隼也(成田凌)という一人息子がいるが、てんのモチーフが吉本せいとするなら、隼也は吉本穎右をモチーフとしていることは間違いない。

ただし、準也にはもう一人、モチーフと思われる人物がいる。それは吉本せいの18歳下の弟である林弘高だ。弘高(最初の名は勝)は1928(昭和3)年、21歳のときに当時の吉本興行部に入り、東京の営業責任者となる。その後、32年に吉本興業が合名会社に改組すると東京支社長に就任、34年にはアメリカからマーカスショウを招聘し、東京・大阪・名古屋で公演を行なって、大成功を収めた。「わろてんか」では、隼也がアメリカ留学中にマーカスショウならぬ「マーチンショウ」を観て感動し、これを日本で実現すべく奔走していたが、そのエピソードは林弘高の実話を踏まえたものだったのである。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「わろてんか」隼也の悲恋のモチーフか。笠置シヅ子の名曲「東京ブギウギ」は恋人との別れから生まれた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    新興シネマ→新興キネマ、 準也→隼也。 ミスリリコ・アンドシローも普通に考えたら区切り方が変。ただし、NHKの番組サイトの登場人物紹介の表記もそうなってるので、間違いではないのかもしれませんが。

    0
この記事にコメントする

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月4日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. わろてんか 広瀬アリス

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。