bit

じつは多様性に富んだ温泉天国、マレーシアで温泉に浸かってみた

じつは多様性に富んだ温泉天国、マレーシアで温泉に浸かってみた

日本では意外と知られていないがマレーシアにも温泉がある。半島マレーシア(首都クアラルンプールのある半島)だけでも60カ所以上あり、温泉と言ってもいろいろなスタイルが存在する。例えば、そのまま池のように湧きたまっている自然のままの温泉、秘境にひっそりとある井戸サイズの小さな温泉、テーマパークのように大きな施設のある温泉などだ。これら私が訪れた特色の違う温泉3カ所とマレーシアの入浴作法を紹介したい。

地域住民の憩いの場になっている自然派温泉


クアラルンプールから車で30分ほどのところにあるスンガイ・スライ温泉は、マレーシアに住む日本人にもほとんど知られていない温泉だ。ほぼ自然のままに、湧いた湯がそのまま池になった場所を開放している。入湯料は24時間営業で1リンギット(約30円)。決して日本のようにきれいではないが、トイレや更衣室など最低限の設備もある。
じつは多様性に富んだ温泉天国、マレーシアで温泉に浸かってみた

ここでは、まず入口近くにある小さな売店で入場料を払う。敷地内では鶏と猫がお出迎え。その後、広めの電話ボックスのような更衣室で水着に着替えて、湯へ入る。温度は池の中の場所によって違う。泡が底からぶくぶくと湧いているエリアはかなり熱い! 泡から少し離れるとちょうどいい湯加減になる。深さはあまりなく、肩までつかりたい場合は、椅子を枕にして寝転んだり、仰向けに浮いてつからねばならない。

湯の色は比較的透明だ。しかし池底が砂のため、歩くたびに砂が舞い上がるのが少し難点。今回は暑い時間を避けて夕方17時半ごろに訪れたが、温泉に先客で入っていた年配の男性たちが、プラスチックの椅子に座りながら政治談議に花を咲かせていた。暗くなるにつれて、家族連れやカップル、女性客も少しずつ増え、近隣の住民のにぎやかな井戸端会議が始まる。バイクでおじさんがハーバルティー(薬草のお茶)を売りに来たり、売店で買ったお菓子を猫や鶏にあげる人がいたり、鳥の声が聞こえたりと、のどかな時間が流れていた。
じつは多様性に富んだ温泉天国、マレーシアで温泉に浸かってみた

温泉池の周りには、簡単なベンチもあり、のぼせたらそこで休んでまた入る。温泉と同じお湯が出る井戸もあり、そこで服を洗濯したり、温泉につかった後に体を洗う人もいる。


透明度はピカイチ、開放感たっぷりの秘湯


首都のクアラルンプールからは北東に約260キロ、車で2時間半ほど行ったところにあるパハン州のスンガイ・レンビンには、マウント・タピス温泉という透明度が高い温泉がある。スンガイ・レンビンは、かつてマレーシアがイギリスに統治されていた時代に、東南アジア最大の炭鉱として栄えていた。最近では、虹がかかる滝やきれいな川があることから自然愛好家の間でも人気がある。温泉までは山道をジープ型の車で走り、小川を渡る。そうするとジャングルのなかにひっそりと、秘湯が見えてくる。
じつは多様性に富んだ温泉天国、マレーシアで温泉に浸かってみた

温泉は大きさは井戸のようなサイズで、深さは体がつかるのに十分ある。湯加減もちょうど良い。更衣室やシャワーがないため、足湯のようにつかるか、サロン(腰布)を持参して湯に入る。料金は無料で24時間利用できる。

浴槽は3人も入ればいっぱいだ。したがって先客がいるとゆっくりつかることは難しい。ここは山中にありトレッキングなどのツアーで立ち寄る場所であるため、日本の湯治場のように、ゆっくりと時間をかけるというよりは、昼にさっと入るイメージの温泉だ。

近くにあるスンガイ・レンビンの町はレトロさを感じる昔ながらの街並が残り、温泉とセットで観光も楽しめる。かつて炭鉱労働者は華人の仕事だったこともあり、今も現地には華人が多く、きれいな山水を生かした豆腐、麺などを使ったおいしい中華料理も充実している。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年3月9日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース