review

「わろてんか」129話。慰問団「わろてんか隊」のモチーフは、吉本興業の「わらわし隊」

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第23週「わろてんか隊がゆく」第129回 3月6日(火)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:川野秀昭
イラスト/まつもとりえこ

129話はこんな話


昭和14年(1939年)、風太(濱田岳)は慰問団を結成、芸人たちを率いて上海へ向かう。その名は「わろてんか隊」。

漫才コンビ復活


新聞社から慰問団結成を誘われて、てん(葵わかな)は迷う。
風太やアサリ(前野朋也)は名誉欲に突き動かされて、慰問団をやる気になっている。
風太は、慰問団に一流芸人を集めるため、助っ人として、キース(大野拓朗)を呼び戻した。
慰問団のために、キース・アサリを復活させるという。さらには、歌子(枝元萌)・キチゾー(藤井隆)の夫婦漫才まで。
歌子を戦地につれていくのは・・・と迷う吉蔵だったが、歌子は行くと言う。
「うちはあんたとやったらどこへでも行く」
「かよわいおなごやけど 愛しいあんさんのためやったら 弾除けでもなんでもなったげまひょ」
基本的には、てんはじめ、トキ(徳永えり)、楓(岡本玲)ら女性陣は戦地に行くことに不安を抱えているなか、歌子だけが、迷わず夫に着いていく。これぞ愛。制服に身を包んだ歌子は凛々しかった。
再放送中の「花子とアン」の蓮子さま(仲間由紀恵)の駆け落ちのときにかかった美輪明宏の「愛の讃歌」、昼の帯ドラマ「越路吹雪物語」でも大事に歌われているエディット・ピアフのこの歌を、歌子に捧げたい。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「わろてんか」に関する記事

「わろてんか」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「わろてんか」の記事

次に読みたい「わろてんか」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「わろてんか」

朝ドラ「わろてんか」

NHK「連続テレビ小説」第97作目の作品。明治後期から第二次世界大戦終了直後の大阪を舞台に、葵わかな演じるヒロインの藤岡てんが寄席経営に挑む姿を描く。モデルは吉本興業の創業者、吉本せい。2017年10月2日〜2018年3月31日放送。

お買いものリンク