review

「わろてんか」131話「ひよっこ」を思い出す「日がな一日おしゃべりしてるだけ」それが幸せ

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第23週「わろてんか隊がゆく」第131回 3月8日(木)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:川野秀昭
「わろてんか」131話「ひよっこ」を思い出す「日がな一日おしゃべりしてるだけ」それが幸せ
イラスト/まつもとりえこ

131話はこんな話


わろてんか隊の面々は、前線に向かう兵隊たちから内地の家族や恋人への手紙を託される。
風太(濱田岳)は激怒するが・・・。

色気のない高座でいいのか


若い兵士(山田俊)から手紙を受け取ったリリコ(広瀬アリス)。
それは大阪に残した恋人へのものだった。
それを手にして、こんな色気のない高座をやっていていいのか、省みる。
「リリコの負けん気がむくむくと湧いていました」(ナレーション・小野文惠)と、
飾ってあった花を頭に飾って、急遽、新作を万丈目(藤井隆)に頼むと、いきなりそれを披露。
兵隊たちの顔は輝くが、阿久津少佐(八十田勇一)の表情は険しく、中断を言い渡される。

リリコだけでなく、万丈目もキースもアサリも兵隊たちから手紙を預かっていた。
責任者である風太(濱田岳)はそれを許さない。
えらい人ににらまれたら大変ですから。ほんとに風太は損な役割だ。

戦争は本格化


戦況は悪化していく一方であったが、報道では日本の良いことしか伝えない。
と、ナレーションでちくりと。

栞(高橋一生)の会社も、戦争によって、不動産やデパート経営の状況はよろしくない。
映画に関しても進退を考えるところに来ていた。
「大きな流れにはさからえん世の中なのかもしれません」と山下(玉置孝匡)は心配する。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年3月9日のレビュー記事
「「わろてんか」131話「ひよっこ」を思い出す「日がな一日おしゃべりしてるだけ」それが幸せ」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    亀さんの「暗そうな話」のヌシが阿久津少佐だったら笑えるな、と思っていましたが、違いましたね。

    5
  • 匿名さん 通報

    >最後の慰問公演で、リリコたちに自由にやっていいと許可する。  これ、風太、思いきったなと思いましたね。

    3
  • 匿名さん 通報

    土曜日だったら、栞も藤吉に会えたのにw

    2
  • 匿名さん 通報

    いちいち、「イケメン枠」とか書かなくていいです。 例えば、男性ライターが「かわいい女の子枠」とか書いたとしたら、バカバカしいと思いますよね?

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

わろてんか

わろてんか

NHK連続テレビ小説「わろてんか」のレビュー連載。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース