review

朝ドラ『おちょやん』生瀬勝久が脚本家・長澤を演じる因縁

『おちょやん』第22週「うちの大切な家族だす」

第108回〈5月5日(水)放送 作:八津弘幸、演出:佐原裕貴〉

朝ドラ『おちょやん』生瀬勝久が脚本家・長澤を演じる因縁
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

生瀬勝久が長澤を演じる、ナットクの理由

ラジオドラマ『お父さんはお人好し』は大好評、千代(杉咲花)は充実した日々を過ごしていた。人気が高く、1時間特別番組も作られることになった。逸(はや)る一同だったが、その矢先、脚本家・長澤(生瀬勝久)が倒れたり、静子役の島田祥子(藤川心優)が突如「たまには私も見せ場がほしい」と言ってみんなを困惑させた末、失踪したりと問題が勃発する。

【前話レビュー】人気者になった千代と仕事の岐路に立たされる一平 明暗分かれた元夫婦

好事魔多し。上向きな千代の日々は見ていてホッとするものの、そればかりではメリハリに欠けると思ったのか、30分番組を1時間延長する話題も、プロデューサー酒井光一(曾我廼家八十吉)が一瞬、悪い話のように切り出しドキリとさせる。さらに、急に不満を言って場をかき乱す祥子。そして、長澤は1時間特番を前に盲腸で入院してしまった。

戦争で失われた家族の団らんを取り戻したいと言って、『お父さんはお人好し』を書いた長澤の気持ちがさらに詳細に語られた。戦争がなかったら、こういうなにげない家族の話を書いてなかったという長澤。それまではいったいどんなものを書いていたのか。

長澤のモデルと思われる作家・長沖一は吉本興業の文芸部に所属して、文芸部長にまでなった人物。戦争がはじまると、朝日新聞と吉本が中心になって結成された慰問演芸団「わらわし隊」を率いて戦地に慰問に赴いた(第二回わらわし隊)。ちなみに、当郎のモデル・花菱アチャコも「わらわし隊」に参加している。

朝ドラ『わろてんか』(2017年度後期)ではこの慰問のエピソードがアレンジして描かれている。生瀬勝久が長澤を演じることには因縁を感じざるを得ない。というのは、生瀬はこの「わらわし隊」をモデルにした明石家さんま主演の舞台『七人くらいの兵士』(00年)の脚本を書いているのである。

筆者は00年の初演も15年の再演も観ているが、戦時と笑いについて書いた傑作のひとつと思っている。死に直面してもなお笑いで命を燃やし続ける執念のようなものがさんまが演じる伝説の漫才師を中心にリアリティーをもって輝いていた。それでいて決して重くならず、最後まで軽やかで、だからこそ哀しみが深くなる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年5月5日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。