review

朝ドラ『おちょやん』一生うちが守る――血の繋がりはなくとも大切な“家族”

『おちょやん』第22週「うちの大切な家族だす」

第109回〈5月6日(木)放送 作:八津弘幸、演出:佐原裕貴〉

朝ドラ『おちょやん』一生うちが守る――血の繋がりはなくとも大切な“家族”
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

静子の家出

ラジオドラマ『お父さんはお人好し』が人気で1時間の特別番組をやることになったが、脚本家・長澤(生瀬勝久)が盲腸で入院、静子役の島田祥子(藤川心優)が家出するなど問題が多発。プロデューサーや編成、演出家たちは頭を抱える。

【前話レビュー】『おちょやん』生瀬勝久が脚本家・長澤を演じる因縁

ラジオドラマで「お母ちゃん」がすっかり板についた千代(杉咲花)は祥子に「お母ちゃん」と頼られる。祥子の家族の話をきっかけに、千代も“家族”について思いを致す。今の千代を支えているのは、花かごを送ってくれる栗子(宮澤エマ)と千代を慕う愛くるしい春子(毎田暖乃)。「(春子は)一生うちが守る。栗子さんもそうやで」と千代はその言葉に力を込める。

「たまには私も見せ場がほしい」と言っていた静子(祥子)が家出して、千代の家を訪ねて来た。「聞いてよ、お母ちゃん(千代のこと)、お母ちゃんがな(本当の親のこと)」とややこしい。ラジオドラマがあまりにも“家族”らしくなっているので現実とドラマがまぜこぜになってきている。千代は祥子に「千代」と呼ぶように諭す。

祥子の父は医者で、わりと裕福な家庭。だからこそ俳優は趣味の域。勉強と両立することを条件にやらせてもらっているが、おろそかになるなら辞めさせられてしまうと千代に相談する祥子。途中でまた呼び方が「お母ちゃん」に戻ってしまっていた。「千代さん」より「お母さん」のほうが馴染んでいるのだ。

その頃、祥子の両親はNHK大阪局を訪ねていた。編成の四ノ宮一雄(久保田悠来)は、1時間特番もやるし、これからもっと人気が出てくるから、いま辞めるのは「もったいない」と説得する。

家族になれたらええんやけどな

その晩、祥子は栗子の家に泊まる。千代が外で月を眺めていると祥子が出て来た。

「ドラマのなかとおんなじように、あんたともみんなとも家族になれたらええんやけどな」

そうつぶやく千代。本当の家族にはかなわないと思う千代は「チヨ子お母ちゃんにできんのは、こないしてあんたと一緒に月を見上げることくらいどす」と祥子の肩をやさしく抱く。

家のなかでは春子が眠れず外を気にしていて、それを栗子が心配げにみつめる。

その後、栗子は千代に、春子は正真正銘、栗子とテルヲの血を引いているから守ってやってほしいと託す。「血がつながっていようと、いまいと、そないなことどないでもよろしいのや」と千代は言うけれど、血がつながった家族がいない孤独が千代はどうしても拭えないのではないかと栗子は心配したのではないだろうか。

朝ドラ『おちょやん』一生うちが守る――血の繋がりはなくとも大切な“家族”
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じる千代が、喜劇界のプリンスと結婚。大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~2021年5月15日放送。

2021年5月6日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。