review

朝ドラ『おちょやん』人気者になった千代と仕事の岐路に立たされる一平 明暗分かれた元夫婦

『おちょやん』第22週「うちの大切な家族だす」

第107回〈5月4日(火)放送 作:八津弘幸、演出:佐原裕貴〉

朝ドラ『おちょやん』人気者になった千代と仕事の岐路に立たされる一平 明暗分かれた元夫婦
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代、ラジオドラマで大人気

昭和26年、4月4日、ラジオドラマ『お父さんはお人好し』がはじまった。第1話では千代(杉咲花)が失敗してしまうが、当郎(塚地武雅)の機転でことなきを得て、無事終了。千代はたちまち近所の人に注目される。

【前話レビュー】『おちょやん』朝ドラあるある「違うドラマがはじまったかと思った」新展開に心が晴れやかに

道頓堀の人気劇団の俳優兼座長の妻であった竹井千代は、ラジオによって全国区にその名が知られるようになる。半年もすると当郎と共に新聞にも載って、街行く人からは「お母ちゃん」と親しみをこめて声をかけられるようになる。

人生上向きな千代に比べ、一平(成田凌)は冴えない。仕事の岐路に立たされていた。明暗分かれた元夫婦。一平のしたことを考えると、千代の好調、一平の不調にはちょっと胸がすく思いがする。

第1話を演じる千代と、聞く人たち

『お父さんはお人好し』第1話は、生放送のスタジオの様子と、固唾を呑んで見守る(ラジオを聞く)千代の知人たちの様子を交互に見せながら進む。

次男の結婚式に出かける藤森アタ五郎(当郎)と妻・チヨ子(千代)と子どもたち。そのドタバタ模様。スタジオには、当郎と千代と12人の子ども役の俳優たち。そのほか効果音のスタッフ、生演奏のスタッフなどぎっしり。外には演出家や作家・長澤(生瀬勝久)やプロデューサーややけにイケメンの編成スタッフや音響スタッフたちがいる。たくさんの人達によって作られる制作現場の雰囲気に、千代はなつかしさを覚える。

だが、つい子役の世話をしてしまい、出番がおろそかに。おまけに転んでセリフが飛んでしまう。どうリカバリーするかスタッフが考えを巡らせていると、当郎が機転を利かせ、千代もそれに応えて、元に戻った。当郎もさすがだが、千代の肝の座り方もなかなかのものである。

張り詰める空気のなか、才能あふれるスタッフや俳優たちの一致団結によって第1話は無事終了。ラジオドラマのお話のほのぼのした内容と、ラジオドラマの制作の様子がわかる楽しい場面となった。この手の楽屋裏ものは三谷幸喜監督作『ラヂオの時間』をはじめとして、エンタメとして人気ジャンル。朝ドラでは『なつぞら』第89回でアニメーションのアフレコの様子が臨場感を伴って描かれていた。実際の音響スタッフが参加して当時の効果音作業のリアリティーを再現した力作回であった。

【関連記事】『なつぞら』89話 山寺宏一、高木渉ら本物の声優の前で、アテレコシーンを演じる俳優たち

千代が転んで慌てふためいたとき、淡々と口に指をあてしーっとやっているナレーションのNHK林田伸太郎アナウンサー(野田晋市)や、芝居をうんうんとうなづきながら聞いている演奏スタッフの表情が印象的だった。

朝ドラ『おちょやん』人気者になった千代と仕事の岐路に立たされる一平 明暗分かれた元夫婦
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年5月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。