review

朝ドラ『おちょやん』華丸大吉も拍手 当郎という狂言回しの登場で、千代が主役として輝ける環境が整う

『おちょやん』第21週「竹井千代と申します」

第103回〈4月28日(水)放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』華丸大吉も拍手 当郎という狂言回しの登場で、千代が主役として輝ける環境が整う
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

当郎と千代の相性は抜群

「僕が来たからにはもう大丈夫や」
千代(杉咲花)が引退したと聞き、諦めきれない花車当郎(塚地武雄)は、新しいラジオドラマ『お父さんはお人好し』(NHK大阪中央放送局)に出演してほしいと訪ねて来た。

【前話レビュー】残り3週で貧困の悲劇の犠牲者・千代の悲しみをどうリカバリーするか

断る千代と説得する当郎の掛け合いは、戦時中、防空壕での即興漫才を彷彿とさせる軽妙なものだった。どんなことでもあたたかいユーモアに変えてしまう当郎相手だと千代の口調は自然と変わる。キツイ言葉に笑いが混ざり柔らかくなる。人間、出会いが大事。千代はついに彼女を最高に活かしてくれる人に出会ったのだ。

「竹井千代さん、どうかこの僕と夫婦になってください」(正座で)

そう言われて千代は少しドキリとなるが、「ラジオドラマでの話やがな」とけろっと言い直す当郎。わざと2回繰り返し強調し、「堪忍な、がっかりさせてしもて」と言うが、そこには他者をからかう陰険さはこれっぽちもない。軽い口調でどんどん話を自分の都合のいいほうにもっていく当郎に「なんやろ、この人としゃべっていたら、いろんなこと悩んでるのあほらしくなってくる」と千代の心は軽くなる。

「お母ちゃん」と当郎に気さくに呼ばれ、あの栗子(宮澤エマ)まで巻き込まれて楽しげな雰囲気に。春子(毎田暖乃)もきゃっきゃっと喜んでいる。

因縁の継母・栗子と姪の春子との奇妙な共同生活と共に、当郎との再会が千代の新しい生活に希望の予感をもたらす。いやもう希望の確信しかない。視聴率も今週は、月曜、火曜と上向いている。

これは赦しの物語

遡ること1年前、千代が栗子に連れられて京都に来て、春子の面倒を見てほしいと頼まれたとき、自分の過酷な過去と照らし合わせて、奉公に出せばいいと思わず言ってしまった。それを襖の向こう側で聞いて泣いてしまう春子。千代は自分がいかに酷いことを言ってしまったか反省する。

こんなふうに、人は被害者、加害者、どちらの側にも簡単に傾いてしまうのである。ちょっとした環境で、貧困から奉公に出される被害者になるし、自分もそういう目に合ったのだから他者もそうなればいいと思ってしまうこともあるのだ。その不幸の連鎖を止めるには、加害者を、あるいは起きてしまった出来事を赦すしかない。

春子から栗子が学校に行ってないので勉強を教えてもらえないかと言われた千代は、彼女も自分と同じ境遇だったのではないかと考えるに、ようやく至る。貧困によって学校にも行けず、誰かに頼るしかない身の上は確かに千代と違いはない。
朝ドラ『おちょやん』華丸大吉も拍手 当郎という狂言回しの登場で、千代が主役として輝ける環境が整う
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。