review

朝ドラ『おちょやん』一平のどあほ!『あさイチ』鈴木アナ「ぶっちぎりで『だめ自慢』優勝」

『おちょやん』第20週「何でうちやあれへんの?」

第99回〈4月22日(木)放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠〉

朝ドラ『おちょやん』一平のどあほ!『あさイチ』鈴木アナ「ぶっちぎりで『だめ自慢』優勝」
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

「俺と離縁してくれへんか」

千代(杉咲花)一平(成田凌)灯子(小西はな)の三角関係は悲劇へーー。苦渋に満ちた千代を支えるのは養子同然の寛治(前田旺志郎)だった。

【前話レビュー】「さんざん面倒見てきた女と密通」した一平「絶対許せへん」

今週は観ていてもやもやが止まらず、BSの「早おちょ」放送から観てしまった。この頃、8時の本放送しか観ていなかったのに。それだけ良くも悪くも心を激しく動かすことはたしか。ただし劇薬である。

みつえ(東野絢香)から一平の伝言を聞いた(第98回)千代は朝10時に稽古場に向かう。見送る寛治が「今日はきれいやな」と声をかけると、「あほ、今日もや」と千代。

まるで本番に赴くかのように艶やかに紅を差し、稽古場で待つ千代。だが人の気配に振り返ると、熊田(西川忠志)だった。

「急用ができたさかい、家で待っといてくれ、て」と熊田から聞いても千代は動かない。黄昏時まで稽古場にじっと座っている。稽古場がやけに広く感じられる。そこにかかるのは宇宙のようにもの悲しげな劇伴。

やがて、家で待っていても帰ってこない千代にしびれをきらしたのか、一平がやって来る。

一平「熊田さんから聞いてへんのか」
千代「なんとのう、ここにいてたかってん」

ここから千代と一平にはいちいちずれが起こる。まさに悲喜劇の様を舞台中継のような引きで映す。

待ち合わせの約束を反故にした一平は、そのとき、灯子が黙って出ていくところにうまいこと出くわして「どこにもいかんといてくれ」と引き止めていた。

千代が先に離婚届を出しているにもかかわらず、「堪忍。俺と離縁してください」と土下座する一平。「うん、ええで」と千代は冷たく返す。

一平は千代から渡された離婚届をいったんくちゃくちゃにしてしまっていた。灯子が黙って出ていかなければ、千代とやり直す気持ちだったのか。

離婚の理由は「生まれてくる子を守ってやりたい」。自分が悪いにもかかわらず、千代のプライドを立てることをせず、逆に彼女をどんどん追い込んでいく一平。「予選なしで『だめ自慢』に出れますね」と『あさイチ』で華丸が言っていたが、ホントにそう。

それにしても一平がこここまでええかっこしいだったとは……。千代の唯一の強がりは、新喜劇を辞めないこと。うーーん切ない。家で話すより稽古場にいたかったのは、彼女にはもう芝居しかない印であろうか。

朝ドラ『おちょやん』一平のどあほ!『あさイチ』鈴木アナ「ぶっちぎりで『だめ自慢』優勝」
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。