review

朝ドラ『おちょやん』華丸大吉もこれは受けられない 一平(成田凌)の浮気が言葉を失う最悪の展開に

『おちょやん』第20週「何でうちやあれへんの?」

第97回〈4月20日(火)放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠〉

朝ドラ『おちょやん』華丸大吉もこれは受けられない 一平(成田凌)の浮気が言葉を失う最悪の展開に
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

「道頓堀の灯を消したらあかんで」

はあ? はあ? はあ? はあ? はあ?
はあ? はあ? はあ? はあ? はあ?

千代(杉咲花)の「はあ?」の連打ではじまったことで、夫(一平)の浮気も笑って「明日も晴れやな」と解決するのかと思った。

【前話レビュー】一平が灯子と男女の仲に!? 一平のモデル・渋谷天外は若い女優と不倫して離婚

天晴「一回だけか」
一平「当たり前や」
千代「回数の問題やあらへんねん阿呆」
寛治「信じられない。僕、なんのために殴られたんや」(第96回で一平と灯子の仲を勘ぐった万歳と喧嘩した)

このへんの会話がおもしろ要素なので、夫の浮気コントで済んだらいいなあと思ったが、そうではなく、話はどんどん重たくなっていく。

若手劇団員・灯子(小西はな)と浮気して平謝りの一平。だが「魔さすいうこともあるやろ」と一言多く、千代は激怒。家を出て岡福を頼る。当然、皆、千代の味方。とりわけ、みつえ(東野綾香)シズ(篠原涼子)は一平をどやしに行くと立ち上がる。シズはこのままでは「女が廃る」と目が座っていた。

千代は『お家はんと直どん』の稽古には参加するも私情を抑えることができず、「この大嘘つき」「このあかんたれ」と刺々しい演技を披露。これまでも日常の体験を演技に活かしてきただけはある。

一平や劇団員(男性たち)は困惑。ただひとり香里(松本妃代)だけが女の気持ちを共有し、千代の味方になる。昔は千代と一平を取り合った仲であったことがなつかしい。この稽古時の一平の稽古着の浴衣がやけにさっぱり白く、彼のしでかした行為とのギャップを感じさせた。

プンスカする千代が稽古を終えて岡福の手伝いをしていると、大山(中村雁治郎)が訪ねて来る。すっかり老いて、以前のギラギラがなくなっている大山。病にかかっているらしい。いつでも画面狭しとドアップだった顔のアップも小さめになった。

男はちょっとなにかあると女や酒に逃げると千代。一平は新作が書けず苦しんでいたから灯子に逃げたと千代は理解し、芝居はちゃんとやると大山に約束する。店の外にいた一平(どうやら千代に謝りに日参しているらしい)に「道頓堀の灯、消したらあかんで。頼むで、二代目」と言って去っていく大山。この人もこれで退場のようだ。少しずつ役者が退場していく。クライマックスが近づいていることを感じる。

「さっさと消えて」

千代は一平を連れて灯子に会いに行く。

「3人でちゃんと会うて、思てること全部言うて、ほんで あんたなにかおもしろいこと言い」
「ほんで3人で大笑いしますね。これからも一緒にやっていくために」

いやがる子供をお医者さんにつれていく母のようにも見える千代は、ある意味自信満々である。一平の妻である自信。一平の愛は紛れもなく自分にある自信。一平のことはいちばん自分がわかっている自信。千代の一平への怒りはすべてその自信の上に成り立っている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。