review

朝ドラ『おちょやん』悪事にまみれたヨシヲが最期、千代への愛情を語り、千代を救う

『おちょやん』第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」

第94回〈4月15日(木)放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』悪事にまみれたヨシヲが最期、千代への愛情を語り、千代を救う
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

寛治とヨシヲ

満州から寛治(前田旺太郎)が帰って来た。慰問で働いた給金を毎月仕送りする約束を破り、女と博打に耽っていた寛治を許す千代(杉咲花)

【前話レビュー】セリフを忘れる千之助 またひとり、名優が幕引きしそうな予感……

寛治はヨシヲ(倉悠貴)から預かったビー玉を千代に託す。それは千代がヨシヲと別れるときに手渡した亡き母(三戸なつめ)の形見だった。

寛治は満州で出会ったヨシヲの話を千代に語る。ヨシヲに助けられて日本に戻ってくることができた寛治は、戦地体験のある万歳(藤山扇治郎)千兵衛(竹本真之)に共感を寄せる。寛治が間に入ることで、家庭劇対万太郎一座でギスギスしていた鶴亀新喜劇もようやくひとつにまとまりそうである。間接的にヨシヲが千代を救ったような、さらにいえば、お母さんが千代を守ったかのような、悲しいけれど心あたたまるエピソードになった。戦争体験を思い出してすすり泣く藤山扇治郎の感情の粘りはさすがの松竹舞台育ちである。

ヨシヲは満州で

「姉やん、うんと気張って、とびきりの喜劇をあんたに見せたるさかいな」
「楽しみやな」

かつてそう言って別れた千代とヨシヲ。念のためおさらいしておくと、千代の弟・ヨシヲは幼い頃は千代に頼ってばかりいる愛らしい子だった。千代が奉公に出たあと、テルヲ(トータス松本)とふたり、苦労を続け、神戸のヤクザに助けられ、そのままヤクザになる。道頓堀買収の仕事で千代と再会。自分を捨てた(と彼は思っていた)千代をずっと恨んでいたと激白するも、その裏には消えぬ愛情があった。

親に恵まれず、お金にも恵まれなかったヨシヲはヤクザとして生きるしかなく、足を洗うことも難しい。そのまま満州で博打屋の店長をやることになり、客に絡まれた寛治を助けた。

若くして店を切り盛りし、荒くれ者をやっつける貫禄と腕っぷしの強さを見せる(アクションの手付きがふわっとして屈強の男をねじ伏せられるそうには見えなかったが、まあそれは仕方ない)。道頓堀の一件では鉄砲玉みたいな役割からたくましく成長したヨシヲだが、屈折した性格は変わらない。

寛治が家庭劇にいたと聞き、「ええ女優さん」がいただろうと振るも、自分からは千代の名前を言い出さない。ルリ子さん、香里さん、と来て、やっと千代の名前が出るとうれしそう。そして、寛治が千代と暮らしていたと聞いて、目を瞠り、一平(成田凌)と結婚していると聞いて、顔がほころんでいく。若い俳優のこういう素直な表現は見ていて気持ちがいい。

千代を裏切ったからもう戻れないと嘆く寛治に、「そないなこと気にせんて、あの女優さんは」と励ますヨシヲには実感が伴う。なにしろ彼も姉に赦されたのだから。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。