review

朝ドラ『おちょやん』万太郎のモデルと思われる喜劇俳優・曾我廼家五郎は喉頭がんで死去

『おちょやん』第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」

第91回〈4月12日(月)放送 作:八津弘幸、演出:小谷高義 〉

朝ドラ『おちょやん』万太郎のモデルと思われる喜劇俳優・曾我廼家五郎は喉頭がんで死去
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

鶴亀新喜劇発足!

終戦から3年、鶴亀新喜劇(モデルは松竹新喜劇)が誕生し、新しいターンがはじまる。焼け跡からの出発は明るく清々しかったが、それもつかの間、再び哀しい出来事が近寄ってくる。

【前話レビュー】『おちょやん』救われるときもあれば救うときもある 笑いとは人生のバランスをとること

戦中、大山(中村雁治郎)に劇団解散を命じられバラバラになってしまった家庭劇は、戦後、天海天海家庭劇として復活した。ただし、小山田(曾我廼家寛太郎)は引退して農業、ルリ子(明日海りお)は田舎で父の世話をするため抜けている。

千代(杉咲花)一平(成田凌)たちは戦後、地方を回るが、家庭劇のモデルの松竹家庭劇は親会社に切られたことはなく、昭和二十年の三月の大阪大空襲で拠点だった中座が焼けてから、地方へ慰問興行に出るようになった。『おちょやん』ではそのドサまわりの様子を、鶴亀興行から離れ、戦後の新たな旅立ちとして描く。

だが、そこにもさまざまな困難が。五厘屋という仲介屋にお金と芝居道具を持ち逃げされてしまった。仲介屋にお金を持ち逃げされるエピソードは朝ドラ前作『エール』(2020年度前期)でもあった(第5週)。たしかそのときの名前が“鶴亀寅吉”(古舘伊知郎)。奇しくも鶴亀つながりである。

【参照】『エール』22話 古舘伊知郎 あやしい興業師として登場。「ひよっこ」の古舘佑太郎と父子で朝ドラ俳優

芝居道具がなくなったので身ひとつで演じられることを考える千代。みんなでたぬきに扮して「たぬきの嫁入り」をやるが、失敗。そこへ熊田(西川忠志)が迎えに来た。大山社長が呼び寄せたのだ。

たった3年で立派な劇場・新えびす座が再建されたので、鶴亀新喜劇を発足させ、家庭劇の面々に参加しないかと持ちかける。一平は座長を命じられるが、一度自分たちを切り捨てた鶴亀に戻りたくないと、また得意の意地を張る。一方、千代は道頓堀でまた芝居ができるならやりたいと考える。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。