review

「エール」22話 古舘伊知郎 あやしい興業師として登場。「ひよっこ」の古舘佑太郎と父子で朝ドラ俳優

第5週「愛の狂騒曲」22回〈4月28日 (火) 放送 脚本、演出・吉田照幸 脚本協力・三谷昌登〉


「エール」22話 古舘伊知郎 あやしい興業師として登場。「ひよっこ」の古舘佑太郎と父子で朝ドラ俳優
イラスト/おうか

今日もL字がない。21回の視聴率は21.3%と、番組最高に(関東地区)。やはり裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)が出会って最強になったということか。世の中には、ふたり一組・カップルの仲睦まじさに萌える人も少なくないのである。朝ドラでは「ごちそうさん」「マッサン」「あさが来た」「まんぷく」などがそうだった。

「あそこだ!」

1回で、福島にいきなり怒鳴り込んできた茂兵衛(風間杜夫)に投げ飛ばされた三郎(唐沢寿明)は「あそこだ!」と閃き呉服屋・喜多一を飛び出して行ったので、豊橋にひとっ飛びかと思ったら、いったん川俣にやって来た。裕一(窪田正孝)の文箱をあさって、音(二階堂ふみ)の住所を確認する。いつも過程はふっとばし気味な朝ドラがここだけ過程をちゃんと描くのはなにゆえか。支店長(相島一之)に「素直ないい息子さんですよね。彼(裕一)を見てると楽しくなります 自由に歩ませてあげてください」と裕一を擁護させるためだろうか。彼を見てると楽しくなりますって、支店長たちがいじって楽しくなっているんじゃないか。

「エール」22話 古舘伊知郎 あやしい興業師として登場。「ひよっこ」の古舘佑太郎と父子で朝ドラ俳優
写真提供/NHK

「輝きが違う」

その頃、裕一は音とミュージックティーチャー(古川雄大)のところに外国暮らしのレクチャーを受けに向かっていた。
天才作曲家を迎えるティーチャーは「私は先輩なのよ。堂々としてなきゃ」とそわそわ。現れた裕一を見て「輝きが違う」と床に倒れ込む。いやいや、ティーチャーのほうが輝いていますよ。
今回もまた、「ミュージック ティ」で斬られてしまった。美味しすぎる古川雄大。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」22話 古舘伊知郎 あやしい興業師として登場。「ひよっこ」の古舘佑太郎と父子で朝ドラ俳優」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    伏線がいっぱいちりばめられたような回でしたね。 ここがこうつながるのかな?とか、いろいろ想像してワクワクしました。 私も浩二君が凄く気になる。まささんの気持ちもひしひし伝わってきました。

    3
  • 匿名さん 通報

    そういえば最近の朝ドラは人がぶん投げられる場面が増えましたね。大河ドラマではあまり見られない。

    1
  • 番組テイストは今回「硬派」で。 通報

    「古舘プロジェクト」って一体何をプロジェクトしているのですか?このテーマだったら池上さんの番組見るつもりだから「そ~だったのか!」と納得できるまで教えて!いただけないでしょうか?ゲスト「江川紹子さん」

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年4月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。