review

「エール」25話 志村けんは「だいじょうぶだぁ」と言わず、窪田正孝が「大丈夫だから」と言った

第5週「愛の狂騒曲」25回〈5月1日 (金) 放送 脚本、演出・吉田照幸 脚本協力・三谷昌登〉


「エール」25話 志村けんは「だいじょうぶだぁ」と言わず、窪田正孝が「大丈夫だから」と言った
イラスト/おうか

順調に演奏会当日

「生はきつい」
喉のために生の青ネギをまるごともらってそうつぶやく音(二階堂ふみ)。完全にコントである。

話は進んで、25回はいきなり演奏会当日からはじまる。
古舘伊知郎が演じる興行師・鶴亀寅吉の胡散臭さはミスリードだったのか。
ちゃんとしたホールでお客さんもたくさん入って、演奏会がはじまる。関内家(薬師丸ひろ子、松井玲奈、森七菜)は艶やかなよそ行きで客席に。ミュージックティこと御手洗(古川雄大)もエレガントな装いで来ている。

「エール」25話 志村けんは「だいじょうぶだぁ」と言わず、窪田正孝が「大丈夫だから」と言った
写真提供/NHK

裕一の指揮で歌うのは音(二階堂ふみ)。亡くなったお父さんのことを想う歌「晩秋の頃」の歌詞は梅が書き、プログラムに名前も出て、梅は感慨無量の様子。なにしろこれがデビュー作である。

ちなみに「晩秋の歌」がラストで、ラス前が「いびき」。どちらも「父」を想う曲であるところがポイント。せっかくの初演奏会に古山家とか藤堂先生とか鉄男が観に来てないのがちょっと残念だった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」25話 志村けんは「だいじょうぶだぁ」と言わず、窪田正孝が「大丈夫だから」と言った」の みんなの反応 5
  • じゃんだらりん 通報

    鶴亀は他の演奏家のギャラや会場使用料等は清算してから逃げた? 裕一たちが負債を背負うのかと心配したけど、大丈夫(笑)みたいで、よかったです。

    6
  • 匿名さん 通報

    NHKのドラマでは異例の「追悼文」が出ていましたね。改めて心より志村さんのご冥福をお祈りいたします。

    3
  • 匿名さん 通報

    愛知県の女性は基本的にあか抜けた明るい性格だと思います。北政所ねねを考えるとわかります。音を見ていると「愛知女性らしさ」が出ています。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年4月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。