review

「エール」26話 裕一(窪田正孝)が恵まれ過ぎていて、流石に弟(佐久本宝)が可哀想になってきた

第6週「ふたりの決意」26回〈5月1日 (金) 放送 脚本・吉田照幸 演出・松園武大〉


イラスト/おうか

坊っちゃんは少々無責任過ぎます

第5週はハイテンションな喜劇週。6週のはじめも、裕一にコンクールの賞金と版権料で、現在のお金でおよそ2500万円という大金が支払われることになって、意気揚々と川俣に帰ってくるところからはじまった。

が、しかし、主題歌明けは重い空気が立ち込める。
喜多一には茂兵衛(風間杜夫)が怖い顔で待ち構えていた。

文通相手と結婚すると聞いた喜多一の店員・及川(田中偉登)は「恵まれた家庭に生まれて、おっきな家の跡継ぎの養子になり夢に進むことも許してもらい、何が不足なんですか」「長男なんだ、家のこと第一に考えるべきでしょう。僕たちの家族や人生もかかってるんだ。坊っちゃんは少々無責任過ぎます」と大層不服な様子で、「どうした?」「口が過ぎるぞ」と番頭の大河原(菅原大吉)と桑田(清水伸)にたしなめられる。

これまでちょいちょい出てきたが、喜多一の店員たちは川俣銀行四人組ほど目立っていない。そこへ来て、若手の及川が唐突にアンチ裕一みたいになっての長台詞。なぜだ。ここで裕一の浮かれた状況は誰もに祝福されているわけではないことがわかる。

「エール」26話 裕一(窪田正孝)が恵まれ過ぎていて、流石に弟(佐久本宝)が可哀想になってきた
写真提供/NHK

「賢いが、殻が破れん」

最も裕一のことを良く思っていない人物は弟の浩二(佐久本宝)であった。彼の不満もこれまでちょいちょい描かれてきたが、26回で大爆発。まさ(菊池桃子)と茂兵衛の前で「なんでなんも勉強してない田舎もんがそんなすげえ賞とるっってことになるの? 何か間違ってる」と苛立ちを露わにする。「努力ってもっと苦しいものじゃないの?」というセリフなども含め、ドラマで努力や勉強の様子が描かれてないと不満に思う一部の視聴者の代弁のようだ。
でも茂兵衛はそんな浩二の味方をするでもなく「結果がすべてだ」と厳しい。

あとでまさには「賢いが、殻が破れん」と言う。自分に似ていると。茂兵衛がただの気難しい人でないところが面白い。この人の言動はすべて権藤家の殻に閉じ込められているゆえのものなのだろう。

この記事の画像

「「エール」26話 裕一(窪田正孝)が恵まれ過ぎていて、流石に弟(佐久本宝)が可哀想になってきた」の画像1 「「エール」26話 裕一(窪田正孝)が恵まれ過ぎていて、流石に弟(佐久本宝)が可哀想になってきた」の画像2 「「エール」26話 裕一(窪田正孝)が恵まれ過ぎていて、流石に弟(佐久本宝)が可哀想になってきた」の画像3 「「エール」26話 裕一(窪田正孝)が恵まれ過ぎていて、流石に弟(佐久本宝)が可哀想になってきた」の画像4
「「エール」26話 裕一(窪田正孝)が恵まれ過ぎていて、流石に弟(佐久本宝)が可哀想になってきた」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

お買いものリンク