review

朝ドラ『おちょやん』8月15日、終戦。日本は負けた 終戦の日、朝ドラの女たちはどうしていたか

『おちょやん』第18週「うちの原点だす」

第89回〈4月8日(木)放送 作:八津弘幸、演出:小谷高義 〉

朝ドラ『おちょやん』8月15日、終戦。日本は負けた 終戦の日、朝ドラの女たちはどうしていたか
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

終戦の日、朝ドラの女たちはどうしていたか

食べ物を売ってもらおうと訪ねた農家の嫁(岡部尚子)から「あんたらがちやほやされてええ気になっていた間も、うちらは泥まみれで畑耕してたんや」「あんたらもちっとは世の中の役に立つことしてみいな」と言われた千代(杉咲花)は芝居のセリフが出ないほど追い詰められる(第88回)

【前話レビュー】福助と百久利が戦死…ますます悲愴さを帯びる千代のひとり芝居

その翌日、8月15日、終戦。日本は負けた。

一平(成田凌)は仰向けに寝そべって終戦を迎え、みつえ(東野絢香)は布団に入ったまま。シズ(篠原涼子)は戦争が終わったら飲もうと思っていたとお茶葉を出す。彼女の「お茶入れましょ」は『カーネーション』(2011年度後期)のヒロイン・糸子(尾野真千子)が第75回で、玉音放送を聞いたあと、「さ、お昼にしよけ」と気持ちを切り替えて台所に向かう場面と近いだろう。朝ドラユニヴァースとしては、同じとき、岸和田では糸子が台所に立ち、道頓堀ではシズがお茶を煎れていたことになる。

終戦直後はけだるそうだった糸子だが、すぐにもんぺからアッパッパに着替え開放感を味わう。『ごちそうさん』(2013年度後期)のヒロイン・め以子(杏)は第132回、終戦の日、疎開先の農家にいて、玉音放送を聞きながら「終わった?」とキョトン顔。その後、すぐさま大阪市内に戻ってくる。ただし天満の家は空襲で焼けている。

同じく道頓堀で寄席を経営している『わろてんか』(2017年度後期)のヒロイン・てん(葵わかな)は最終回も近い第148回、疎開先で終戦を迎える。そのときの彼女の心情は描かれず、1カ月後に道頓堀に戻ってくる。最終回では焼け跡に簡易な劇場を建て公演を行うことになる。

『べっぴんさん』(2016年度後期)では第12回が終戦。神戸の生家である豪邸が燃え、すみれ(芳根京子)は赤ちゃんを背負って丘の上から神戸の街を見つめる。菅野美穂のナレーション「本当に大変なのはここからなのです。それでもすみれは母として前に進んでいくのです」があって、すみれはそこから自立していくことになる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。