review

朝ドラ『おちょやん』大阪に空襲 安置所に眠る菊と福松と対面する千代たち

『おちょやん』第18週「うちの原点だす」

第86回〈4月5日(月)放送 作:八津弘幸、演出:小谷高義 〉

朝ドラ『おちょやん』大阪に空襲 安置所に眠る菊と福松と対面する千代たち
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

大阪大空襲

1945年3月13日、大阪に大空襲があり、道頓堀が燃えた。そのとき、千代(杉咲花)一平(成田凌)は京都で舞台の初日を迎えるところだった。

【前話レビュー】ついに道頓堀に空襲が……岡安は!? シズは!? 無事を祈りつつ次週へ

話を聞いて急ぎ駆けつけると、福富のあった場所が跡形もなくなっていた。どこもかしこも丸焦げで、場所も判然としないが、蓄音機があったので福富とかろうじてわかる。「NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん」Part 1に、大正12年頃のおちょやんの舞台としての道頓堀の地図が載っていて、福富と岡安はものすごく近所に位置している。2軒の間に足袋屋と民家があるだけ。

千代が焼けた福富から岡安のほうに向かうと、岡安の玄関にあった大きなたぬきが焼けて転がっていた。建物は燃えてはいるものの、柱や屋根はかろうじて残っている。そこに通りがかった人に千代は尋ねる。

「岡安のご寮人さん、どないしたはるかわかれしまへんやろか?」
「ああ、町外れにでけた遺体の安置所やわ」

いかにも、まさか、シズが? と心配になる返答である。

その安置所に向かうと、亡くなっていたのは――
菊(いしのようこ)福松(岡嶋秀昭)だった。

Q:疎開したはずのふたりがなぜ?
A:疎開先で、大事な福富の暖簾を置いてきたことに気づいて、ふたりで取りに来て、不運にも巻き込まれたから。

Q:そんなに大事な暖簾をなぜ忘れるの?
A:昨年、桐箱に入れ替えたことを忘れて置いてきてしまったから。

菊の大事な暖簾は彼女の遺体にかかっていた。福富は早々に芝居茶屋を辞めて音楽喫茶に事業替えをしたものの、菊は老舗芝居茶屋・福富のことをずっと大事に思っていた。ことさら口にはしない彼女の意地を、シズ(篠原涼子)が受け継ぎますという話はそこだけ切り取れば、哀しいけれど良い引き継ぎの話になっている。

疎開しないと意地を張っていたシズが菊の懸命な説得のおかげで生き残り、「死んだらしまいや」と生きることを説いた菊のほうが亡くなってしまう。かくも運命とは残酷なものなのか。たしかに現実にもそんなありえないことがある。哀しいとはそういうときこそふさわしい。

構成の点から見ても巧みである。途中まで、シズが空襲に巻き込まれたのではないかと心配で続きが気になる工夫にもなっている。こうなるかと思っていたことが意外な展開に。みんな大好きドンデン返しの一種である。

朝ドラ『おちょやん』大阪に空襲 安置所に眠る菊と福松と対面する千代たち
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月5日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。