review

朝ドラ『おちょやん』救われるときもあれば救うときもある 笑いとは人生のバランスをとること

『おちょやん』第18週「うちの原点だす」

第90回〈4月9日(金)放送 作:八津弘幸、演出:小谷高義 〉

朝ドラ『おちょやん』救われるときもあれば救うときもある 笑いとは人生のバランスをとること
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

「間違えたままで立ち止まったらあかんのだす」

「私はただ、しようと思うことは是非しなくちゃと思ってるばかりです」
「なによりも第一に私は人間です。ちょうどあなたと同じ人間です」
「社会と私と、どちらが正しいのか決めなくてはなりませんから」

【前話レビュー】8月15日、終戦。日本は負けた 終戦の日、朝ドラの女たちはどうしていたか

終戦を迎え、千代(杉咲花)は彼女が芝居に目覚めたきっかけであるイプセンの『人形の家』のセリフに自分の気持ちを重ね、立ち上がる。

「(戦死した)福助や百久利は許してくれるだろうか」と迷う一平(成田凌)に「みんな間違うたんだす」と背中を押す千代。「間違えたままで立ち止まったらあかんのだす。ちょっとでも正しいに変わるように、しんどうても前に進まなあかん。それこそが喜劇やろ」と千代の声にも顔にも迷いは一切ない。

人は皆、間違える。間違いを責めるのではなく、間違いに気づいて修正することの大事さを千代は説く。

終戦を迎え、俄然、笑い(喜劇)に社会性を込める考えに目覚める千代。もともと、これは、千代のモデルの浪花千栄子の考えというよりは、一平のモデル渋谷天外のものであろう。大槻茂著『喜劇の帝王 渋谷天外伝』には天外の言葉がいくつも印象的に引用されていて、そのなかに、<笑わせるのが喜劇だと思っている役者と資本家とそして批評家がある間は、喜劇は笑わせるだけで終わるだろう――『わたしのれきしおおじてん』(昭和三十二年九月)>がある。このように天外はとても皮肉屋でインテリであった。

一方、浪花千栄子は唯一の自伝『水のように』を読んでも、下流の家に生まれながらも真面目に上品に丁寧に生きていこうとしていたことは感じられるが、思想的なことは読み取れない。『おちょやん』の千代は浪花千栄子と渋谷天外を足しているように感じる。

歴史上の人物を知る手立てはこのように当人の自伝、第三者の評伝とさまざまであるが、濱田研吾の『俳優と戦争と活字と』は、俳優たちの戦争の記憶をさまざまな資料を調べ記した労作である。そのなかに終戦(8月15日)の記録があり、浪花千栄子のものもある。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。