review

朝ドラ『おちょやん』一平や千之助の作る芝居には熱があり情があり芯がある 劇中劇で描かれる理想の世界

       

『おちょやん』第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」

第54回〈2月18日 (木) 放送 作:八津弘幸、演出:大嶋慧介〉

朝ドラ『おちょやん』一平や千之助の作る芝居には熱があり情があり芯がある 劇中劇で描かれる理想の世界
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

「マットン婆さん」

恋するみつえ(東野絢香)福助(井上拓哉)。それに反対する、それぞれの母・シズ(篠原涼子)菊(いしのようこ)。孫の幸福を案ずる、そもそもの家の確執の原因をつくった祖母・ハナ(宮田圭子)の想いが渦巻く中、一平(成田凌)は母の無償の愛情を上演したいと考える。

【前話レビュー】篠原涼子対いしのようこ 芝居茶屋の伝統と歴史を守ってきた者の意地が滲む見応えあるシーン

ところが、先輩・千之助(星田英利)は「おまえに親の気持ちの何がわかるんじゃい」と台本を大きく書き換える。

みつえと福助が駆け落ちしてしまい岡安がざわついているなか、「母に捧ぐる記」改め「マットン婆さん」の幕が上がる。“母の無償の愛情”とは何なのか。現実ではシズの、舞台上では千之助の、それぞれの親心が散りばめられる15分。

「マットン婆さん」はとある家に奉公していた松(千之助)が、30年経過して、長男(天晴)の嫁(千代)にいびられる。三男(一平)が松を父(小山田)と結婚させようとするというお話だった。

途中から千之助はまた勝手に芝居をはじめるが、目指すところは泣ける人情もの。舞台上で、千之助の狙いに気づいた一平や千代たちもその流れにのって、泣いて笑ってじんわりする展開に。客席からの反応も上々だ。「悔しいけどこの芝居おもろいわ」と一平は感嘆する。

芝居がはじまる前は雨が降って不穏な雰囲気だったが、公演後には雨があがっているというのも芸が細かい。

この「マットン婆さん」は、一平のモデルである渋谷天外の書いた「アットン婆さん」から来ていると思われるが、初演は昭和17年(1942年)10月の中座と、『おちょやん』よりもずっと後。ドラマは現在昭和3年だ。

「アットン婆さん」の脚本家クレジットは茂林寺文福、舘直志となっている。舘直志は天外のペンネームである。「アットン婆さん」は上演回数も多い人気作で、藤山寛美の代表作として、DVDなども販売されている。

『おちょやん』では早くも「マットン婆さん」として登場させるということは、ドラマの後半戦、藤山寛美をモデルにした松島寛治(前田旺志郎)が登場したとき、もう一度、この作品をやることになるのだろうか。藤山寛美は一平が演じている三男役をやっているので、役を替わるようなエピソードがあるのかもしれない。

婆さん役は曾我廼家十吾、千之助のモデルになった俳優である。弱々しくいじめられる老婆役が得意だったそうだ。それまでの老婆は嫁をいじめる役割だったが、十吾によって嫁にいじめられる側となった。「嫁姑の対立はいまもなおテレビドラマなどで取り上げられる、いうなれば永遠のテーマではあるが、その両者の立ち場の逆転を十吾はいち早く先取りした」と『上方喜劇 鶴屋団十郎から藤山寛美まで』で三田純市は書いている。

朝ドラ『おちょやん』一平や千之助の作る芝居には熱があり情があり芯がある 劇中劇で描かれる理想の世界
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「朝ドラ『おちょやん』一平や千之助の作る芝居には熱があり情があり芯がある 劇中劇で描かれる理想の世界」の みんなの反応 1
  • 誘拐殺人シティ頭狂超速報 通報

    ≪頭狂バラバラ誘拐殺人事件裁判≫≪頭狂殺人男に懲役刑≫1方≪TVの話題で頭狂圏出身者の不都合な裁判ひた隠す殺人最多頭狂穢土人民腸栓共和国では≫≪二十九年≫頭狂殺人男に懲役刑の実刑が出ていた事がわかった

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年2月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。