review

朝ドラ『おちょやん』心揺らす橋の上の恋 親が敵同士のみつえと福助が相思相愛に

『おちょやん』第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」

第52回〈2月16日 (火) 放送 作:八津弘幸、演出:大嶋慧介〉

朝ドラ『おちょやん』心揺らす橋の上の恋 親が敵同士のみつえと福助が相思相愛に
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

話は意外な方向へ――

第11週は、お芝居ターンを休んで恋愛ターンに入ったかと思ったら、恋愛ターンにお芝居ターンが絡んでくるという凝った構成になっていた。

【前話レビュー】一平がみつえにフラれたシーンに現れた製作陣の配慮

岡安の長女・みつえ(東野絢香)の恋を応援するため、千代(杉咲花)は一芝居を打つことにする。脚本は、一平(成田凌)

『ロミオとジュリエット』に代表される、親が敵同士の男女の悲恋物語は、ひとつの定形。何度となく見てきたそういうお話を、芝居仕立てで展開するのは、よくある話を新鮮に見せることができる。

みつえに縁談が舞い込んだが、彼女は福富の福助(井上拓哉)と相思相愛の仲になっていた。

岡安と福富には因縁があり、芝居茶屋としてライバルで、ご寮人のシズ(篠原涼子)菊(いしのようこ)が犬猿の仲。そうはいっても福富が芝居茶屋から商売替えしたいまなら、なんとかなると、千代はふたりの恋を応援しようと張り切る。

ところが、商売が違ってもシズと菊の関係は変わらない。旦那同士が仕事の相談でこそこそ会っていることすら許さないふたりは子どもたちの恋も許さない。シズの剣幕を見て千代は困ってしまう。

千代と一平

このエピソードには、恋の話のみならず、母とは何かという問いも含まれている。みつえを愛するがゆえに福助との結婚を認めない母の想いとは何なのか? 千代にはわからない。幼い頃の母親の記憶はほんの少ししかないうえ、父親のテルヲ(トータス松本)は親の愛情の欠片もなく、千代には親の気持ちがよくわからないのである。

そんな話を一平にすると「親かて人間や」と冷めた視点で語るが、彼もまた母親がわからない。だからこそ、芝居を通してそれを知りたいのだという。

一平は常にクールで斜に構え、一見覇気がなく感じられるが、芝居に対する情熱は静かに燃えている。俳優の瞬発力で乗り切る喜劇が受けている時代に、物語(脚本)で見せる新しい演劇を目指そうと日夜、勉強して脚本づくりに励んでいるのだ。だが、彼が書いた“母親”について書いた芝居は、千之助(星田英利)に認めてもらえず、日の目を見ていない。

なんとも切ないのは、そんな一平の想いを千代はスルーして、みつえのために芝居の脚本を書いてくれと頼むことだ。51話の千代は、一平がみつえの気持ちも知らず弄んでいると思い込み、「鈍いやっちゃなあ」と呆れるが、黒衣(桂吉弥)に「千代ちゃんにだけは言われたない」とツッコまれていた。

一平は、千代のことがなんとなく気にかかっているように見えるが、千代は一平に友情以外の感情を未だ持っていない。その微妙な距離感が静かにドラマを温めている。

朝ドラ『おちょやん』心揺らす橋の上の恋 親が敵同士のみつえと福助が相思相愛に
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年2月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。