review

朝ドラ『おちょやん』千之助をひたむきに掘り下げて演じた名優・星田英利の功績

『おちょやん』第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」

第95回〈4月16日(金)放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』千之助をひたむきに掘り下げて演じた名優・星田英利の功績
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

いよいよ旗揚げ公演、千代が大抜擢

4月15日、『おちょやん』がクランクアップしたと報道された。クランクイン直後、コロナ禍で撮影中断して、再開後も感染対策で大変だったところをくぐり抜け完走した。『おはよう日本 関東版』では高瀬アナが行った杉咲花インタビューが放送された。テルヲとはなんだったのかと高瀬が聞いたら「希望と絶望」と答えたとか。そこはインタビュー中には使われなかったが(なぜ!)、いつもの朝ドラ送りのときに伝えてくれた高瀬アナ。さすがです。

【前話レビュー】悪事にまみれたヨシヲが最期、千代への愛情を語り、千代を救う

元・家庭劇のメンバーと元・万太郎一座のメンバーのいがみ合いが、寛治(前田旺志郎)によって取り除かれ、鶴亀家庭劇の結束が高まった。

『お家はんと直どん』の本番までに1カ月もないが、そこでまた問題勃発。ふいに千之助(星田英利)が役を千代(杉咲花)に代えて、降りてしまったのだ。

「おまえが主役じゃ」
プレッシャーに苛まれる千代は千之助や一平に絡みまくる。

「へんなおばはんにいたいけなじじいが殺されかかる」(千之助)

混乱が止まらない千代の元にあの花かごが届く。千代の芝居のたびに誰かわからない人が花かごを送ってくれていて、戦後はじめて届いた。テルヲ? ヨシヲ? 一平? 栗子? ……と候補がいく人かいたが、テルヲもヨシヲも死んでしまった。

誰だかわからない花かごの人も戦争を生き抜いてきたのだなとしみじみ思う千代。
「俺らのやることは今も昔も変わらへん。見てくれる人のために一生懸命芝居をするだけや」と一平。

こうして旗揚げ公演の幕が開いた。
『お家はんと直どん』はかつて駆け落ちをしようとして失敗に終わった男女が40年後に再会する話。その男女を千代と一平が演じる。てる役の千代は白髪交じりながら髪をぴしっと結い、しゃんとして身ぎれい。直どん役の一平はハゲタカみたいな髪で一瞬誰かわからないくらい外見も声も変えている。

劇中劇が多い『おちょやん』だが、今回かなり長い。リアルタイム視聴だと、8時5分に千代が登場。そして、千代と一平、ふたりの絡みが長い。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。