『おちょやん』第20週「何でうちやあれへんの?」

第96回〈4月19日(月)放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠〉

朝ドラ『おちょやん』一平が灯子と男女の仲に!? 一平のモデル・渋谷天外は若い女優と不倫して離婚
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

ついに来た、夫婦の危機

一平(成田凌)の父代わりのようだった千之助(星田英利)が劇団を去って1年……。名優不在の寂しさが一気に吹っ飛ぶような出来事が……。千代(杉咲花)に最大(?)の試練が襲いかかる。

【前話レビュー】千之助をひたむきに掘り下げて演じた名優・星田英利の功績

ついに来た、夫婦の危機。

「堪忍」

一平が千代に頭を下げた。『おちょやん』最終回(5月15日)まで残り4週。千代の行く末はどうなるのか。

鶴亀新喜劇が旗揚げして1年。一平がスランプに陥って、新作が書けず、旗揚げ第1作の『お家はんと直どん』の再演をすることになった。でも灯子(小西はな)は出ない、劇団を辞めるとまで言う。灯子をかわいがっていた千代は彼女の話を聞こうと追いかけようとすると、一平が「おれが行く」と出て行った。

うどん屋・岡福で千代は熊田(西川忠志)に相談。自分が必要とされているのか不安になったのではないかと熊田は推測し、引き止めるように千代に言う。きっと若くてかわいい灯子は新喜劇のアイドル的に人気があるのだろう。

「一回開き直てしもたら楽なんやけどなあ」と宗助(名倉潤)
「旦さんが言いはると説得力おますなあ」と千代。

いてもいなくても変わらない役割を背負った悲哀を名倉潤がうまい具合に笑いにもっていく。だがしかし、灯子の場合、必要とされてないどころではないようなのである。

祠の前で一平と灯子が語り合っている。

「一平さんとこないなことになってしもうて」(灯子)

この記事の画像

「朝ドラ『おちょやん』一平が灯子と男女の仲に!? 一平のモデル・渋谷天外は若い女優と不倫して離婚」の画像1 「朝ドラ『おちょやん』一平が灯子と男女の仲に!? 一平のモデル・渋谷天外は若い女優と不倫して離婚」の画像2 「朝ドラ『おちょやん』一平が灯子と男女の仲に!? 一平のモデル・渋谷天外は若い女優と不倫して離婚」の画像3