review

朝ドラ『おちょやん』一平が灯子と男女の仲に!? 一平のモデル・渋谷天外は若い女優と不倫して離婚

『おちょやん』第20週「何でうちやあれへんの?」

第96回〈4月19日(月)放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠〉

朝ドラ『おちょやん』一平が灯子と男女の仲に!? 一平のモデル・渋谷天外は若い女優と不倫して離婚
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

ついに来た、夫婦の危機

一平(成田凌)の父代わりのようだった千之助(星田英利)が劇団を去って1年……。名優不在の寂しさが一気に吹っ飛ぶような出来事が……。千代(杉咲花)に最大(?)の試練が襲いかかる。

【前話レビュー】千之助をひたむきに掘り下げて演じた名優・星田英利の功績

ついに来た、夫婦の危機。

「堪忍」

一平が千代に頭を下げた。『おちょやん』最終回(5月15日)まで残り4週。千代の行く末はどうなるのか。

鶴亀新喜劇が旗揚げして1年。一平がスランプに陥って、新作が書けず、旗揚げ第1作の『お家はんと直どん』の再演をすることになった。でも灯子(小西はな)は出ない、劇団を辞めるとまで言う。灯子をかわいがっていた千代は彼女の話を聞こうと追いかけようとすると、一平が「おれが行く」と出て行った。

うどん屋・岡福で千代は熊田(西川忠志)に相談。自分が必要とされているのか不安になったのではないかと熊田は推測し、引き止めるように千代に言う。きっと若くてかわいい灯子は新喜劇のアイドル的に人気があるのだろう。

「一回開き直てしもたら楽なんやけどなあ」と宗助(名倉潤)
「旦さんが言いはると説得力おますなあ」と千代。

いてもいなくても変わらない役割を背負った悲哀を名倉潤がうまい具合に笑いにもっていく。だがしかし、灯子の場合、必要とされてないどころではないようなのである。

祠の前で一平と灯子が語り合っている。

「一平さんとこないなことになってしもうて」(灯子)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。