review

朝ドラ『おちょやん』離婚した千代と一平 モデルの浪花千栄子・渋谷天外の史実がまたかなり壮絶

『おちょやん』第20週「何でうちやあれへんの?」

第100回〈4月23日(金)放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠〉

朝ドラ『おちょやん』離婚した千代と一平 モデルの浪花千栄子・渋谷天外の史実がまたかなり壮絶
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

モデルの自伝がドラマ化されたときも離婚の件は気を使われた

一平(成田凌)灯子(小西はな)の間に子供が生まれると知り、離縁することにした千代(杉咲花)。鶴亀新喜劇の1周年記念公演『お家はんと直どん』の千秋楽までつとめあげると、道頓堀を去る。

【前話レビュー】一平のどあほ!『あさイチ』鈴木アナ「ぶっちぎりで『だめ自慢』優勝」

なんて哀しい流れ。だがドラマは主人公がひどい目にあえばあうほど盛り上がる。いや、これ、モデルがいるから現実にもあった話なのである。名脇役俳優(いまでいったらバイプレイヤー)浪花千栄子は、劇作家で演出家で俳優の渋谷天外と連れ添ったが、天外が若い劇団員・九重京子(本名・喜久栄)と浮気して子を成したため離婚し、劇団も退団する。

浪花も天外もそれぞれの自著で、そのときのことを振り返っている。片方でなく両方読むことで情景が見えてくる。浪花の文章からは何年経っても消えぬ恨みが感じられ、天外からは悪かったと思いつつも意地を張っているふうが漂う。

でも書かれたことがすべてでもないだろう。夫婦のことは夫婦にしかわからないことである。わかっているのは、天外が女性好きで(自他共認める性豪だったとか)、浪花と結婚する前も結婚しても、九重と再婚した後も女性関係は切れることがなかったとか。妻たちはそれをわかっていながらうまく手綱を引いていたわけだ。

残った記録を見ると、女好きな面は笑い話のように昇華されているが、令和の今だともう通用しないかもしれない。浪花もなかなかきつい性格のようだし、夫婦関係がどうだったかわからないが、不倫の末、子供ができて離婚とあれば天外の非のほうが大きいとしか言えないであろう。

この忌々しい出来事も含めて、浪花千栄子の半生を描いたドラマ(フィクション)を作るとき、どうすることが最適か。浪花千栄子の自伝『水のように』をドラマ化したとき、脚本を浪花に頼まれた藤本義一は、天外について浪花の自伝通りには書けないと思ったと、『喜劇の帝王 渋谷天外伝』(大槻茂著)の解説に記している。

藤本は天外に会って了承を得たいと浪花に申し出たときの浪花の反応、天外に会ったときに言われたこと。この温度差が大きく違っている。そして、藤本は離婚の経緯を“ナレーションでさらりと逃げようと思った”と書く。今で言ったら「ナレ離婚」だ。そこにまた浪花が「ひっそり身を退くのが一番波風たてん方法やったと考えたいう具合にしてもらえまへんか」と頼んできたそうだ。

『おちょやん』はおそらくこれと同じような感じにしておくことが最適と考えたのではないだろうか。浪花と藤本が脚本の打ち合わせをしているときに天外が倒れた報告が入り、そのときの浪花の反応がまた激しい。浪花千栄子はブレていなかった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。