review

朝ドラ『おちょやん』紫のバラの人は栗子だった カタストロフィーからカタルシスへ――見事な逆転劇

『おちょやん』第21週「竹井千代と申します」

第105回〈4月30日(金)放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』紫のバラの人は栗子だった カタストロフィーからカタルシスへ――見事な逆転劇
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代、一から出直し

「はじめまして! 竹井千代と申します!」

【前話レビュー】塚地武雅の明るさも大きく寄与 ドラマのムードをクリアーに変えた6つの要因

千代(杉咲花)、リスタート。もう一度俳優をやることを決意し、花車当郎(塚地武雅)主演のラジオドラマ『お父さんはお人好し』の顔合わせで気張って挨拶。時に昭和26年、3月のことであった。

顔合わせ当日、千代は出かける前に栗子(宮澤エマ)から花かごを受け取る。京都の撮影所時代から折につけ花かごを送っていたのは栗子であった。

因果はめぐる。千代の不幸のはじまりをつくった張本人・栗子が巡り巡って千代を支えて、絶望の淵から立ち上がらせる。カタストロフィー(破滅)からカタルシス(浄化)へ――見事な逆転劇となった。

栗子が紫のバラの人だった

頑なに出演を拒む千代に「お芝居はもうつらい思い出でしかあらへんのですか。……残念です」と作家・長瀬(生瀬勝久)はつぶやき帰っていった。千代にとって、お芝居がつらい日々をひととき忘れ、変えていくものだったのが、いまや楽しかった日々を悲しみに変えるものになっていた。

その気持ちを変えたのは、春子(毎田暖乃)と栗子。春子が作文を千代の助言で読めたと大喜びで、まりのように跳ねて帰ってきた。「これからも私のそばにおってな」と春子は千代に抱きつく。その温かみが千代の凍てついた心を溶かしていく。

昭和26年3月、『お父さんはお人好し』顔合わせのとき、栗子が花かごを差し出す。千代が俳優をやっていることを知ったとき「うれしゅうて、涙が止まらんかった」と本音を明かす栗子。こっそり芝居を観て元気になって、名乗らず花を送り続けてきた栗子。花は栗子なりの贖罪だったのだ。1年前、千代が雨やどりしている場所に突然迎えに来たのも、彼女をずっと見ていたからだった。

「わてはあんたの芝居が大好きやねん」
栗子は千代の芝居に元気をもらいながら応援を続け、千代の生涯最大のピンチを救った。千代と栗子は離れていても影響を与えあっていた。

つらいことを乗り越えてきた千代と栗子の和解とシスターフッドの芽生え。花かごは、有名な演劇漫画『ガラスの仮面』で、主人公に紫の薔薇を贈る人のオマージュではないかと、SNSでは、紫のバラの人予想が盛んに行われていた。一平説、テルヲ説、ヨシヲ説などあったが、男性が女性を支えるパターンではなく、貧困に苦しんだ女性同士が支え合っていたことになったのは、令和の物語らしいと言えるだろう。

大いに励まされた千代は「たったいっぺんつらいことがあったからて、それがなんだすねん」と顔合わせで挨拶する。強気の千代の復活である。

朝ドラ『おちょやん』紫のバラの人は栗子だった カタストロフィーからカタルシスへ――見事な逆転劇
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。