review

朝ドラ『おちょやん』塚地武雅の明るさも大きく寄与 ドラマのムードをクリアーに変えた6つの要因

『おちょやん』第21週「竹井千代と申します」

第104回〈4月29日(木)放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』塚地武雅の明るさも大きく寄与 ドラマのムードをクリアーに変えた6つの要因
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代はまだ迷っているが……

千代(杉咲花)の俳優としての実力を買っている花車当郎(塚地武雅)が訪ねて来て、ラジオドラマに出てほしいと、「竹井千代さん、どうかこの僕と夫婦になってください」(正座で)とまで言って説得するが、千代は頑として受け付けない。

【前話レビュー】華丸大吉も拍手 当郎という狂言回しの登場で、千代が主役として輝ける環境が整う

すると今度はラジオドラマ『お父さんはお人好し』の作家・長瀬(生瀬勝久)がやって来た。道頓堀で千代の仲間たちから聞いた話――彼らは皆、いつか千代が芝居をやると信じていることを伝えたうえ、今を生きる人達に「生きてさえいれば人生おもろいことが起こるんや、諦めたらあかんやて教えてやりたい」ので力を貸してほしいと長瀬は深く頭を下げる。

それでも千代は「うちには無理だす」と断る。辛いことを思い出してしまいそうで怖いのだ。千代がいつ、何をきっかけに当郎と長瀬の頼みを聞くか。決断は金曜日!(であろう)

千代がラジオドラマで復帰して、そこからは順風満帆になっていくことはあらかじめ公式でも紹介されている。昼の再放送前にも晴れやかな予告が放送されていた。だからこそドラマを観る気分は上向き。当郎を演じる塚地武雅の明るさも大きな寄与をしているが、ほかにも俄然、ドラマのムードをクリアーに変えた要因がある。6つの項目に注目してみよう。

ドラマを変えた6つの要因

■その1. 塚地武雅の陽気さ 
花車当郎役の塚地による、あたたかくて親しみやすく、可愛げがあって軽妙な芝居がドラマ全体を底上げした。

■その2. 栗子との和解
千代の不幸のはじまりでもある継母・栗子(宮澤エマ)と雪解け。一緒に暮らし、晩酌しながら「ただいてくれるだけでええ。それで十分や。芝居してへんかっても、あんたはあんたや。おおきにな」とまで千代に言う栗子の変貌にびっくりするも、ギスギスを引きずらないのはホッとする。

■その3. 子役・毎田暖乃の愛くるしさ
千代の子役を演じていた毎田暖乃が栗子の孫・春子役で登場。子・千代も人気だった毎田が、ワイルドな子・千代とはまた違うおしゃまな少女を演じ分け、なつかしさと新鮮さを振りまいている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年4月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。