review

『おちょやん』朝ドラあるある「違うドラマがはじまったかと思った」新展開に心が晴れやかに

『おちょやん』第22週「うちの大切な家族だす」

第106回〈5月3日(月)放送 作:八津弘幸、演出:佐原裕貴〉

『おちょやん』朝ドラあるある「違うドラマがはじまったかと思った」新展開に心が晴れやかに
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代、いきなり子だくさん

昭和26年、千代(杉咲花)は、長澤誠(生瀬勝久)作、花車当郎(塚地武雅)主演のラジオドラマ『お父さんはお人好し』に出演することになった。

【前話レビュー】紫のバラの人は栗子だった カタストロフィーからカタルシスへ――見事な逆転劇

当郎の新聞記事にドラマの告知が載っていて(放送は4月4日から)、そこに千代の名前も並んでいたため、道頓堀の鶴亀新喜劇一同や、岡福の人々が見つけて大喜び。その頃、一平(成田凌)は悩み苦しみながら新作喜劇に取り組んでいた。

別れた千代と一平は、それぞれの道を歩み始めていた。違うドラマがはじまったかと思った。――これは「朝ドラあるある」のひとつである。長丁場の朝ドラでは、途中で「最終回かと思った」かのようなまとめの回があったり、「違うドラマがはじまったかと思った」かのような新展開があったりする。

『おちょやん』もラスト2週間にして雰囲気ががらりと変わった。NHK大阪放送局の部屋が洋間であること。洋服を着ている人が増えたせいもあるだろう。これまで『おちょやん』は千代をはじめとしてメインの登場人物が皆、着物を着ていたが、ラジオドラマ関係者たちはスタッフも俳優も洋服が多いので印象がだいぶ違う。

『お父さんはお人好し』は果物屋を営む藤森アタ五郎(当郎)と妻・チヨ子(千代)と12人の子供とさらに孫による大家族の物語。この説明はオープニングと同じ犬ん子のイラストで行われた。ラスト2週間なので、振り返りモードでいくと、オープニングアニメほか時々本編にも出てきた犬ん子のイラストはクラシックさと新しさとかわいさと毒っけが混じり合った魅力的なものだった。千代猫の可愛さはドラマの救いになった。

本読みがはじまると、千代と当郎との掛け合いはいい感じ。千代の口調も軽妙で、時折、そっと当郎を見る表情や間合いもいい。ただ、なにぶん大家族もの。家族の名前が覚えられず困った千代は、役名で呼ぶことを提案する。役名は東海道新幹線の駅名からとられたもの。そう思ったら覚えやすい。

ラジオドラマだから台本を覚えなくてもいいと思いきや、長澤はまるで本当に家族がいるように自然にセリフを言ってほしいと希望する。意外と大変なお仕事だが、千代はやりがいを感じ、その表情は見違えたように明るい。

家族役の俳優たちに本当の母のように接する千代。本番前にピリピリした空気をほぐしたり、これが最後のチャンスと気張っている京子役の俳優の頬に両手を当てて血の気を蘇らせてあげたり。本来、鶴亀家庭劇や新喜劇の頃も劇団員の人たちにこんなふうに接していたのだろう。

振り返りモードに入ると、千代のそういう創意工夫がドラマの端々にあると千代が主人公として月のようにやさしく光っていられたのではないだろうか。千代の母親的包容力をここで生かすために長らく取ってあったのかもしれないけれど。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年5月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。