review

「わろてんか」132話。濱田岳「あさイチ」ゲストで大活躍

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第23週「わろてんか隊がゆく」第132回 3月9日(金)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:川野秀昭
「わろてんか」132話。濱田岳「あさイチ」ゲストで大活躍
イラスト/まつもとりえこ

132話はこんな話


わろてんか隊は、最後の高座に新しい趣向で臨む。

風太、がんばる


内地では、てん(葵わかな)たちが、風太たちを心配している。
戦地では、風太(濱田岳)が新しい趣向を試そうと、阿久津少佐(八十田勇一)に事前に根回しする。
勝手にやって、また止められないようにということはちゃんと考えていた。
「笑いは薬です」と説得する風太。
何度も書いている気がするが、こういうときの濱田岳は、任せて安心。
それから、高座で司会的なことをしているときの濱田岳も頼もしい。言葉の意味がはっきり伝わってくる。

この日の「わろてんか」のあとの「あさイチ」は濱田岳がゲストで、「わろてんか」の裏話をいろいろ語っていた。
彼のアドリブが多いわけは、ひとの一生を15分に縮めるためには略さないといけないが、そのなかで、できるだけ自分の役の情報を足そうとしている、というようなことを言っていて、なっとく。風太のこと(いわゆるサブテキスト)をすごく考えているし、関西人でない彼が関西人を演じるにあたって、言葉の音を大事にするより、滲み出る関西感をカラダで表現したというような話も印象的だった。
なかなかカットがかからず、徳永えりと延々芝居を続けた場面が流れて、それもすごく面白かった。なかなかカットがかからなくて、カットをかけざるを得ない流れにもっていく濱田岳がすばらしい。濱田の芝居に最後まで食らいついていく徳永えりも。「信頼と実績の徳永えり」という濱田の言葉は真実と思う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「わろてんか」132話。濱田岳「あさイチ」ゲストで大活躍」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    >知っていて取りれたとしたらすごいけれど。  取り入れたら の間違いではないでしょうか?

    2
  • 匿名さん 通報

    誤字脱字、初めの頃は気になっていたんですが、毎度の事なので、「校閲さんもチェック出来ない程締切が迫っているんだな」といちいち気にしなくなりましたw

    0
この記事にコメントする

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「わろてんか」

朝ドラ「わろてんか」

NHK「連続テレビ小説」第97作目の作品。明治後期から第二次世界大戦終了直後の大阪を舞台に、葵わかな演じるヒロインの藤岡てんが寄席経営に挑む姿を描く。モデルは吉本興業の創業者、吉本せい。2017年10月2日〜2018年3月31日放送。

2018年3月10日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. わろてんか 広瀬アリス

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。