bit

銭湯でパクチーの香りに全身ポカポカ包まれる「パクチー風呂」に入ってきた!

銭湯でパクチーの香りに全身ポカポカ包まれる「パクチー風呂」に入ってきた!

以前、大阪市住吉区にある「朝日温泉」という銭湯を取材させてもらった。風呂桶を使ってカーリングしたり、女湯から男湯に向かって壁越えの吹き矢をしたりする競技大会「オフロンピック」を開催したかと思えば、浴場内にお化け屋敷を作ったり怪談をしたりする「湯~れい温泉」というイベントを企画したり、とにかくなにかと面白いことをやっている銭湯なのである。

その「朝日温泉」で、毎月8日・9日の2日間限定で「パクチー風呂」というものに入れると聞いた。「パクチー風呂」……? とりあえず、「8」と「9」がパクチーの語呂合わせだというのだけなんとなくわかる。

10数年前に初めてタイ料理店でパクチーを口にした時は、どうしても違和感に勝てず、パクチーだけを苦心して皿から取り除いて食べた。その後、なんのきっかけだったか忘れたが、ふいにその違和感を克服することができ、気づけばパクチーが好きになっていた。そんな、割と一般的なルートをたどってパクチー好きになった私だが、今までに「パクチーの風呂に入りたいなあー」と感じた経験はない。というか、どんなものなのか想像できない。それゆえ、一度試してみたくなった。

というわけで、2月9日、朝日温泉にやってきた。
銭湯でパクチーの香りに全身ポカポカ包まれる「パクチー風呂」に入ってきた!


貸切状態のパクチー風呂に入ってみる


店主の田丸正高さんに許可をいただき、オープン前にその様子を撮影させてもらうことに。朝日温泉は浴場の奥に露天風呂があるのだが、その露天風呂が「パクチー風呂」になっているそうだ。

ドキドキしながら進む。
銭湯でパクチーの香りに全身ポカポカ包まれる「パクチー風呂」に入ってきた!

近づいていくと、
銭湯でパクチーの香りに全身ポカポカ包まれる「パクチー風呂」に入ってきた!

青い! そして、
銭湯でパクチーの香りに全身ポカポカ包まれる「パクチー風呂」に入ってきた!

すごいパクチーの香りだ! 予想以上のパクチー感である。

一度外に出て、オープン後にあらためて入浴させていただくことにした。地元の方々に愛される朝日温泉はオープンと同時に多数の常連さんが集まるのだが、みなさん内湯に入っており、「パクチー風呂」は私ひとりの貸し切り状態。

全身を青い色の湯に沈めてあらためて感じるのが、パクチーのあの独特の香りだ。ただ、確かにパクチーの匂いではあるのだが、お風呂として不思議と違和感がない。たまに銭湯に「薬草風呂」などと銘打ったちょっと漢方薬っぽい匂いのするお風呂があったりするけど、あれの仲間のように感じる。なんだか体に良い湯に浸かっているような、得した気分である。

また、その香りも最初こそ「うわ! パクチーだ!」と笑ってしまったが、浸かっているうちにすっかり気にならなくなってしまう程度である。一度パクチー風呂を上がり、内湯に浸かってみて、しばらくして「パクチー風呂」に戻るとそこであらためて「うわ! やっぱりパクチーだ!」と感じるような程度で、すぐに慣れることができる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年3月12日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース