bit

農場侵入し殺される象も マレーシアが悩むアジアゾウの保護施設へ行ってみた

農場侵入し殺される象も マレーシアが悩むアジアゾウの保護施設へ行ってみた
国立象保護センターでの餌やりの様子

急激な人口増加と森林開発が進むマレーシアで、絶滅危惧種であるアジアゾウと人間のトラブルが増えている。

ここ30年でマレーシアの人口は2.5倍も増え、以前と比べ宅地化が進んだ。マレーシア・パームオイル・ボード(MPOB)によれば、マレーシア全体のパームオイルプランテーションも、1975年から約30年間で6.7倍に拡大した。これにより移動性の高い動物である象が、食糧を探して付近の農園へと迷い込むことが増えた。そこで住民との衝突が起きている。

この象など野生動物と人間との住み分けをどうするかが、今マレーシアでは課題になっているのだ。

東京ドーム4個分の巨大保護センター


象と人間との問題を解決するべく活動する政府支援の団体が国立象保護センター(National Elephant conservation Centre)だ。同センターは、首都クアラルンプールから車で2時間ほど北東に行ったパハン州にある。パハン州は、州の大半が熱帯雨林で覆われており、マレーシアで最も有名な国立公園タマンネガラのジャングルがある州でもある。

1989年設立されたこのセンターの主な役割は「近隣住民から抑圧されているゾウを国立公園など適切な生息地に移送する」「密猟者やトラなどに傷つけられ、野生で生きられない象や孤児の象をセンターで保護する」「象の保護に関する啓発活動を行う」という3つだ。
農場侵入し殺される象も マレーシアが悩むアジアゾウの保護施設へ行ってみた
センター内では1日1回ショーが行われる

象、訪問者、行政のための施設を備えた国立象保護センターだけでも20ヘクタール、東京ドーム4個分あるが、その周りには広大な森林で覆われる野生動物保護区がある。その大きさは、なんと淡路島に匹敵する。そこへ孤児の象、ケガをしている象を移送し、保護している。

農場を荒らす象は今まで殺されていた


マレーシアに生息する野生のアジアゾウは、同センターによれば、わずか1200頭ほどだと推定されている。過去30年間、24人の強力な移送チームが800頭以上の野生の象を移送させることによって、象の頭数がさらに減少するのを防いできた。1972年までは農場を荒らしたり、民家に下りてきて困るという場合、象は殺されていた。

野生の象を捕獲することは簡単ではない。そこで近隣諸国からやって来たベテランの象たちが活躍する。センター設立以前は、マレーシアには、人間に飼いならされた象がほとんど存在しなかった。そのため言葉をいくつか理解できるタイ、インド、ミャンマーなどの象に来てもらい、移送時に通訳として協力してもらっている。それらの象は、タイ語 ミャンマー語、インド語などで人間の指示を理解するよう訓練されている。
農場侵入し殺される象も マレーシアが悩むアジアゾウの保護施設へ行ってみた
水浴び帰りの子象

像の捕獲にはロープを使う国もあるが、マレーシアは木が入り組んだ森であるためロープが使えず、麻酔が最善だとされる。捕獲して麻酔が覚める薬を打った後、ベテランの象を2匹連れて来させ、野生の象と交流させる。鼻を絡めたり、ベテラン象が野生の象の目や頬をなでて、「心配しなくていいよ。この人たちが安全な森に連れて行ってくれるから」と伝えてくれているようだ。すると、ベテランの象に挟まれて、捕獲された野生の象は落ち着いた様子で、一緒にトラックのある場所まで歩いていく。

あわせて読みたい

  • 21世紀にこんな事件があるの? 驚きの交通事故とは

    21世紀にこんな事件があるの? 驚きの交通事故とは

  • 温泉天国マレーシアの温泉を体験

    温泉天国マレーシアの温泉を体験

  • マレーシア大家族の旧正月に参加

    マレーシア大家族の旧正月に参加

  • マレーシア結婚式はマニュキュアNG

    マレーシア結婚式はマニュキュアNG

  • コネタの記事をもっと見る 2018年3月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース