review

京都アニメーション山田尚子監督は「リズと青い鳥」で「少女を撮り切る」ことに挑んだ

北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれ(CV:種崎敦美 ※崎は立つ崎)と、フルートの傘木希美(CV:東山奈央)は、中学時代からの同級生。
周囲と関わることが苦手で、ずっと一人ぼっちだったみぞれは、明るくクラスの人気者だった希美に誘われて吹奏楽部に入部。
その時から、みぞれにとっては、希美だけが世界のすべてになった。

最上級生となった二人は、高校生活最後のコンクールの自由曲「リズと青い鳥」で、オーボエとフルートが掛け合うソロのパートを任されることに。
ところが、親友同士で、技術も部内トップレベルなはずの二人の演奏は、なぜかかみ合わず……。

武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第2楽章』を、3年生のみぞれと希美の二人にスポットを当てる形で劇場アニメ化した『リズと青い鳥』
『リズと青い鳥』のキービジュアル。演奏するみぞれと希美の後ろには、リズと、青い鳥の少女が描かれている。(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

『たまこラブストーリー』映画『聲の形』と名作映画を立て続けに生みだしてきた京都アニメーション。スタッフたちは、本作でも緻密で繊細な映像や音を丁寧に積み重ね、捉えどころのない少女たちの心と繋がりを一本の長編映画として描き抜いた。
4月21日に公開されたばかりだが、すでに高い評価を集めている。

監督は、『たまこラブストーリー』、映画『聲の形』でも監督を務めた京都アニメーションの山田尚子。
両作品の上映時に大好評だったエキレビ!の山田尚子監督インタビューが今回も実現。

前編では、本作が生まれるまでの経緯など、ネタバレ無しのテーマで語ってもらった。

この記事の画像

「京都アニメーション山田尚子監督は「リズと青い鳥」で「少女を撮り切る」ことに挑んだ」の画像1 「京都アニメーション山田尚子監督は「リズと青い鳥」で「少女を撮り切る」ことに挑んだ」の画像2 「京都アニメーション山田尚子監督は「リズと青い鳥」で「少女を撮り切る」ことに挑んだ」の画像3 「京都アニメーション山田尚子監督は「リズと青い鳥」で「少女を撮り切る」ことに挑んだ」の画像4
「京都アニメーション山田尚子監督は「リズと青い鳥」で「少女を撮り切る」ことに挑んだ」の画像5 「京都アニメーション山田尚子監督は「リズと青い鳥」で「少女を撮り切る」ことに挑んだ」の画像6
編集部おすすめ

あわせて読みたい

東山奈央のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク