review

「リズと青い鳥」山田尚子監督「少女たちが踊っているような印象の作品に」

4月21日から公開中の劇場アニメ『リズと青い鳥』
人気作『響け!ユーフォニアム』の登場キャラクターである二人の高校生、鎧塚みぞれ(CV:種崎敦美 ※崎は立つ崎)傘木希美(CV:東山奈央)の繊細で捉えどころのない思いや関係を描いた作品で、数々の賞を受賞した映画『聲の形』京都アニメーション(監督:山田尚子)による最新作ということでも大きな注目を集めている。
「リズと青い鳥」山田尚子監督「少女たちが踊っているような印象の作品に」
4月21日から全国で上映中の『リズと青い鳥』。テレビシリーズ2クール分と劇場作品2本が作られている『響け!ユーフォニアム』シリーズの最新作だが、シリーズ未見の人でも十分に楽しめる作品となっている

エキレビ!の山田尚子監督インタビュー後編では、クライマックスのネタバレ要素にも言及しながら、約90分の本編に詰め込まれたみぞれや希美、そして、監督の思いを紐解いていく。

(前編はこちら)

私個人としては、「リズ、一旦、話し合おう?」と思う


──「少女を撮り切る」ために細やかな表現にこだわったとのことですが、絵が上がってきた時、特に大きな手応えを感じたシーンがあれば教えてください。

山田 すごくたくさんありました。例えば、希美のポニーテールの揺れ方一つにしてもそうです。あと、少女たちが踊っているような印象の作品になれば良いなと思っていたのですが、みぞれの妄想の中で、希美がバレリーナのような足取りで駆け寄って来るカットも、上がって来た時に「来た!」と思いました。

──そういったカットの演出についても、山田監督から細かい指示を出していたのですか?

山田 お話はしましたが、そこにアニメーターの技術やセンスが倍以上に乗っかって上がってきて、すばらしかったです。みぞれと希美が光の反射で会話するシーンも、アニメーターの方がすごく素敵なシーンにしてくださいました。あのシーンはとても大切なシーンでしたので。あとは、終盤で、希美がみぞれを抱きながら困ったように目を泳がせているところも、この作品にとってすごく大事でコアなカットですが、あそこの絵を見た時もテンションが上がりましたね。

あわせて読みたい

  • 17日公開「聲の形」山田尚子監督に聞く

    17日公開「聲の形」山田尚子監督に聞く

  • 静かなヒット「たまこラブストーリー」

    静かなヒット「たまこラブストーリー」

  • 「宇宙よりも遠い場所」監督とPが語る

    「宇宙よりも遠い場所」監督とPが語る

  • 2/24「さよ朝」岡田麿里監督に聞く

    2/24「さよ朝」岡田麿里監督に聞く

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年4月25日のレビュー記事
    「「リズと青い鳥」山田尚子監督「少女たちが踊っているような印象の作品に」」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      細かい所まで作り込んでるんですね❗

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース