review

「半分、青い。」70話。90年代、オタクの地位は低かった

       
連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第12週「結婚したい!」第70回 6月21日(木)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二

70話はこんな話


ユーコ(清野菜名)は結婚して漫画をやめると言い出す。漫画ばかり描いていると女の可能性を無駄にしてしまうと言うユーコに鈴愛(永野芽郁)は反論するが・・・。

おおいにツッコもう


「スズメ それはオタクといっしょだ。引きこもりだ。子どもも産めない。想像の世界の人になってしまう。
漫画を描く機械だ」

ユーコが全国の漫画を描いている人たちやオタクと呼ばれる人たちを敵に回すような発言をして、早朝からツイッターがざわついていた。
作家が無自覚に思考を垂れ流し一部の人を傷つけているのではないかという意見もあるようだが、ちょっと冷静になってみたい。
冒頭、喫茶おもかげで、ボクテ(志尊淳)が秋風(豊川悦司)と3年ぶりに会うシーンを思い返してみよう。
破門になってオフィスティンカーベルを出たボクテだから少々気まずいが、秋風も愛用しているおもかげにわざわざ来たのは、ほかにセットを建てるわけにもロケするわけにもいかない制作上の事情では決してなく、秋風に会えるかもと思ってのことだった。
いま彼が落ちぶれていたらこうはいかないが、飛ぶ鳥を落とす勢いらしいから秋風に会う気持ちの余裕はあるだろう。むしろボクテのほうが人気なんではないか。女子高生が秋風にはときめいている描写はなかった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「半分、青い。」70話。90年代、オタクの地位は低かった」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    ユーコの台詞を文字通りに受け取って漫画家やオタクを馬鹿にしているって思った人がいるんだ。。。 少なくとも、創作分野には向いていない読解力のなさだと思う

    8
  • 匿名さん 通報

    今週のサブタイトル「結婚したい!」は裕子のことだったんですね。だけどまだ今週は終わってないし、以前の「謝りたい!」の時みたいなこともあり得るので、油断できませんね(笑)。

    5
  • 匿名さん 通報

    >あんなに床いっぱいに波の絵を描いて楽しそうだったユーコが、たった2話(30分)ののちに、やさぐれてしまったことが、彼女の発言の内容以上にショック  確かにやさぐれるのが、早かったですね。

    5
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「半分、青い。」

朝ドラ「半分、青い。」

NHK「連続テレビ小説」第98作目で、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインを永野芽郁が演じた。主題歌は星野源の「アイデア」。2018年4月2日〜9月28日放送。

2018年6月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。