review

「半分、青い。」68話。秋風の視点が漫画家というより脚本家である件

「半分、青い。」68話。秋風の視点が漫画家というより脚本家である件
「NHK ドラマ・ガイド おんなは度胸」日本放送出版協会 <br />泉ピン子の温泉写真が表紙! 隣は桜井幸子(義理の次女役)
連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第12週「結婚したい!」第68回 6月19日(火)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二

68話はこんな話


鈴愛(永野芽郁)は上京して2年、二十歳の夏、ついにデビューを果たした。

68話 も引き続きテレビ局ぽい


北野(近藤芳正)がガーベラから青年誌に異動になると聞いて、ユーコの漫画をそこで連載するように進言する秋風(豊川悦司)。
自分の漫画をゴールデンタイムのテレビドラマにして、最終回は映画でと欲望を語るユーコ(清野菜名)。
67話のレビューでも書いたが、この時代、角川書店を先頭に漫画のメディアミックスが流行っていた。豊川悦司の『NIGHT HEAD』も劇場版で完結を迎えた。この手のお祭り企画はフジテレビが得意で、奥菜恵が奥菜恵役でデビューした『パ★テ★オ』もドラマをやったあと完結編は映画でという趣向だった。完結編は映画でというやり方は視聴者にはあまり評判がよくないが、21世紀になってもいまだに行われている。

メディアミックスになるかならないか知らないが、こうしてユーコはビッグイブニング、鈴愛はガーベラで連載がはじまった。
トントン拍子のようだが、なかなかうまくネームが描けない鈴愛。
そんなときユーコが助言をしてくれる。
ユーコはユーコで進行が滞って、現実逃避に部屋の掃除からの模様替えをしていた。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年6月20日のレビュー記事
「「半分、青い。」68話。秋風の視点が漫画家というより脚本家である件」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    おそらくですが、菱本さんの台詞は「橋田先生ですか」ではなく、「橋田先生ですから」だったと思いますが、どうでしょうか。

    8
  • 匿名さん 通報

    「おんなは度胸」、懐かしいですね。BSで朝やっている再放送はこういう昔の名作をもっとやってほしい。

    6
  • 匿名さん 通報

    今度は散英社の「ビッグイブニング」ですね。集英社の「モーニング」や「アフタヌーン」が元ネタでしょうけど、小学館の「ビッグコミック」系の要素も入ってますね。なんか私こればかり書いてますね(笑)。

    4
  • 匿名さん 通報

    >そんなときユーコが助言をしてくれる。ユーコはユーコで進行が滞って、現実逃避に部屋の掃除からの模様替えをしていた。…  壁がいくらなんでも、相当薄いですよね。

    2
  • 匿名さん 通報

    モーニングは講談社。集英社ならヤンジャン

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半分、青い。

半分、青い。

NHK「半分、青い。」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース