review

明石家さんまがジミー大西に伝えたアドバイス「感動なんかいらん!」のさんまが遂に感動を提供か

明石家さんまがジミー大西に伝えたアドバイス「感動なんかいらん!」のさんまが遂に感動を提供か
そもそも、最近の若者はジミー大西を知らない人が多いらしい。無理もない。彼が芸能界を離れ、画家に専念したのは1996年。2004年に『発掘! あるある大事典』を降板し、一気にレギュラー番組を失ったヒロミよりもブランクは長い。

90年代は、「どれだけ過激なことができるか?」をメディアが率先して競うチキンレースのような時代。いじられることで光を放つジミーは、テレビの中で格好の素材となった。
例えば、上岡龍太郎と島田紳助が司会の火曜『EXテレビ』。この番組は、ジミーという素材を活用し切った。国会議員の名前を無意味に暗記させたり、キャスターを任せてニュースを解説させたり……。

特に筆者の記憶に残っているのは、スタジオ内にラジオブースを設け、ジミーにパーソナリティを務めさせた「ラジオジミー」なる企画だ。オープニングは、ジミーによる一人喋り。彼はジョー山中の「人間の証明のテーマ」をBGMに選曲、悲しき高校時代をポツリポツリと語り始めた。野球部に入部するもサインを覚えられず、マネージャーに転向したこと。いじめっ子の指示で裸姿で電車の前へ立ちはだかり、無理やり緊急停車させたこと。(いじめっ子はジミーに「チクってへんやろなあ~?」と凄んできたという)
普通じゃない青春時代を送った彼は、その後、吉本芸人という普通じゃない進路を選んだ。

悩むジミーを大笑いするさんま


色々な意味で制作時から世間を騒がせているドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年7月16日のレビュー記事
「明石家さんまがジミー大西に伝えたアドバイス「感動なんかいらん!」のさんまが遂に感動を提供か」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    >ジミーは、自分なりに考え、紐で⚪⚪⚪⚪を階段に括り付けるという常軌を逸する行動に出た。もちろん、劇場内は大騒ぎ!   そりゃそうだろう(笑)❗こんなことする人は、そうそういない!

    3
  • 匿名さん 通報

    是非、見たい❗地上波でも放送して欲しい❗

    2
  • ニャニャー 通報

    辛い時こそ笑いで飛ばす・・・こんなお笑い芸人と出会える人ってなかなかいないよね♡

    1
  • 匿名さん 通報

    死ぬほど、腹が立って、憎い人を殺すよりも、死ぬほど幸せになって下さい。死ぬほど復讐になり、死ぬほど武器になります。絶対、死ぬほど、言い切れます。言い切れます。

    0
  • 匿名さん 通報

    日本にハニートラップ集団ってのがいるらしく、各界の著名人や芸能人、スポーツ選手、既婚者、成功者を狙って、ただ破滅させる事だけを目的にしてるらしい。日本の男性は気を付けて下さい。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース