bit

大阪名物・お好み焼きに地域性!? 此花区で「豆天入り」が親しまれている理由

大阪名物・お好み焼きに地域性!? 此花区で「豆天入り」が親しまれている理由

大阪・此花区では、お好み焼きの具としていわゆる天かす(揚げ玉)の代わりに、「豆の天ぷら」を入れるのが昔から当たり前だったらしい。此花区といえば、USJがあるエリアとしておなじみ。もしかしたら、「大阪のお好み焼き」というざっくりした括りのなかに、さらに微妙な地域差があったりするのだろうか……? 阪神電車の千鳥橋駅から徒歩5分ほど歩き、豆天入りお好み焼きを提供する「あたりや」さんに話を聞いた。


戦後から女性によって守られてきた味


大阪名物・お好み焼きに地域性!? 此花区で「豆天入り」が親しまれている理由

「いらっしゃい!」と店主の永田由美さんがやさしく出迎えてくれた。ムーミンに出てくる「ミイ」のような髪型がキュートだ。「あたりや」の創業は70年ほど前。当初は持ち帰り専門のお好み焼き店で、永田さんのお母さんが店主だったという。4年ほどその業態で営業したのち、永田さんの叔母にあたる方(お母さんのお姉さん)がお店を引き継ぎ、50年以上、此花区で親しまれてきた。その後、永田さんが継いでからは13年ほどになるという。戦後から、女性の手によって長らく守られてきた味であるというところも興味深い。
大阪名物・お好み焼きに地域性!? 此花区で「豆天入り」が親しまれている理由

「男はつらいよ」や大衆演劇のポスターなどは貼られた、どこか懐かしい店内。創業当時は三軒長屋だったそうだが、現在の店舗は昭和50年代に建て替えられたもの。おひとりで切り盛りされているので、水や瓶ビールなどはセルフサービスとなっている。
大阪名物・お好み焼きに地域性!? 此花区で「豆天入り」が親しまれている理由
大阪名物・お好み焼きに地域性!? 此花区で「豆天入り」が親しまれている理由

昭和初期頃までの此花区の様子。2枚目は水災害時に小舟で食料品を配っている写真だが、永田さんのお話に出てきたような、三軒長屋が写っている(大阪市立中央図書館デジタルアーカイブより)。

大阪名物・お好み焼きに地域性!? 此花区で「豆天入り」が親しまれている理由

これがその豆天だ。立ち食いそばやうどんに乗っているかき揚げと似た丸型である。創業当時からずっと、グリンピース入りが特長。そもそも、なんで豆天を入れはじめたんでしょうか?と聞いてみたところ、
「当時、近くに天ぷら屋さんがあって、そこから仕入れた豆天を入れるようになったと聞いています。なぜ天かすのみではなく、あえて豆天を入れたのか?という理由は、残念ながら聞いたことがないんですよね。叔母はその天ぷら屋さんが廃業されるときに、つくり方を直接教わって、朝の5時から自分で揚げたものを使っていた時期もあったようです。グリンピースも、乾物の状態から水に浸けて戻していたので、ここだけの話、その頃のほうが味はよかったかもしれません(笑)。いまは業者さんに頼んで、オリジナルでつくってもらっています」と永田さん。

さらに驚いたことに、此花区には豆天入りのお好み焼きを出す店がかつては数軒、存在したという。つい最近まで、別の店が近くにあったが、残念ながら閉店してしまったそうで、現在は発祥の店でもある「あたりや」さんが最後の1軒になってしまった。おそらくは近所で模倣するお店が増え、ごく限られたエリアで自然発生的に生まれた食文化だったのだろう。これは此花区名物としてもっとプッシュするべきではないだろうか……。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年7月25日のコネタ記事
「大阪名物・お好み焼きに地域性!? 此花区で「豆天入り」が親しまれている理由」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    とにかく西のことが気になって気になって仕方がないニダ!お好み焼きの起源は元祖エド前ニダ!西のお好み焼きは偽物ニダヨ!桜餅も茶道もすき焼きも西のは全部偽物ニダヨ!いつか日本の全部の元祖をエド前ニダー!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース