review

「二頭がチョモランマ」なぜか出版された『ボディビルのかけ声辞典』になぜか食欲をそそられる

日本人初のボディビルダーは若木竹丸(明治44年生)である。

元々は貧弱な坊やだった竹丸は、中学一年生のときに上級生から馬鹿にされたことで一念発起し、肉体改造をはじめる。生まれつきの過剰な性格ゆえ、そのトレーニングは苛烈を極め、その身体はたちまち筋肉の鎧をまとってゆく。

竹丸は自らの肉体で証明したトレーニング法を秘伝書としてまとめ、27歳のときに『怪力法並(ならび)に肉体改造体力増進法』というタイトルで出版。戦後は、大山倍達や木村政彦といった格闘家らのウェイトトレーニングを指導するなど、日本の“筋肉の父”とも呼べる存在だ。

筋肉がついてくると、人は誰かにそれを見せたくなるものらしい。秋冬に電車に乗っていて、季節外れなTシャツ姿でいる人は、かなりの確率でムキムキだ。厚い筋肉のおかげであまり寒さを感じないのかもしれないが、少しは見せたい気持ちがあるでしょう? 近年の松本人志がTシャツ一枚でいることが多いのもやっぱり……。

いいね! 切れてる、切れてる!


筋肉を披露する場といえば、なんといってもボディビルコンテストだ。全国から集まったボディビルダーたちが、筋肉のサイズや美しさを競い合う。

日本でボディビルのコンテストが始まったのは、いつか?

昭和31年の「第一回ミスター日本ボディビルコンテスト」がそれだという説もあるが、それより4年早く、昭和27年に福島県でのウェイトリフティング競技会で同時開催された「ボディコンテスト」がそうだという説もある。いずれにせよ、日本に根付いてから数えても60年以上は続いている歴史ある競技なのだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「出版」に関する記事

「出版」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「出版」の記事

次に読みたい「出版」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク