review

「この世界の片隅に」が朝ドラっぽく見える理由。異例の「一切関知しておりません」声明から今夜3話

こうの史代原作、松本穂香主演の日曜劇場『この世界の片隅に』。太平洋戦争さなかの広島県呉市を舞台に、主人公・すずと周囲の人々との生活を描く。
「この世界の片隅に」が朝ドラっぽく見える理由。異例の「一切関知しておりません」声明から今夜3話
原作上巻

脚本は『ひよっこ』の岡田惠和、演出は『カルテット』の土井裕泰。音楽を連続ドラマは『坂の上の雲』以来となる久石譲が手がけている。

食事シーンを見ればその家がわかる


先週放送された第2話では、呉の北條家に嫁いできたすず(松本穂香)の毎日の生活ぶりが丹念に描かれていた。前半まるごと使って、周作(松坂桃李)との祝言の翌日と翌々日の2日間の様子を描いていたのには驚いた。とりたててドラマティックなことが起こるわけではないのだが、すずにとってはこれまでとまったく違う生活だ。

何より印象に残ったのが食事シーンの多さだ。第2話だけで、北條家で4回、浦野家で1回の食事シーンがあった。食事シーンは、かつて「めし食いドラマ」とも言われていたホームドラマの象徴だ。ドラマ版『この世界の片隅に』は“戦時下のホームドラマ”なのである。

食卓を見れば、その家のことがよくわかる。北條家の食卓は静かだ。航空機開発の技師を務める父の円太郎(田口トモロヲ)は必ず新聞や雑誌を読みながら食事をしていて、口を開くことがほとんどない。温和な母のサン(伊藤蘭)も円太郎をとがめることはなく、周作も生真面目に食べている。径子(尾野真千子)と晴美(稲垣来泉)が帰ってきた後の気まずい食卓で円太郎が「にぎやかでええのう」と言うが、それまで誰も口を開いていないという一種のギャグだった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「この世界の片隅に」が朝ドラっぽく見える理由。異例の「一切関知しておりません」声明から今夜3話」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    最初からアニメ版の実写として朝ドラとして放送すれば良かったのに。カット割りやアングルをアニメ版からパクって、製作委員会からは知らんと言われてドラマには興味失った。

    5
  • 匿名さん 通報

    > 大食漢の十郎だけ小さな食器にごはんを山盛りにしていたのが可笑しい。→そうだったんですか、見逃していました。色々丁寧に作り込んでいるんですね。

    3
  • 匿名さん 通報

    丁寧で、淡々と描かれてますね。

    3
この記事にコメントする

「ひよっこ + 朝ドラ」のおすすめ記事

「ひよっこ + 朝ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

「ひよっこ + 松本穂香」のおすすめ記事

「ひよっこ + 松本穂香」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

この世界の片隅に

「この世界の片隅に」レビュー記事一覧

2018年7月29日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ひよっこ 朝ドラ
  2. ひよっこ 松本穂香

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。