smadan

新しいジェームズ・ボンドは黒人? 変化求められるハリウッドの多様性

新しいジェームズ・ボンドは黒人? 変化求められるハリウッドの多様性

アメリカのミレニアル世代が「新しい情報をアップデートする」という意味で使う「Woke」をタイトルの一部に組み込んだ本コラムでは、ミレニアル世代に知ってもらいたいこと、議論してもらいたいことなどをテーマに選び、国内外の様々なニュースを紹介する。

今回とりあげるのはハリウッド映画における「ホワイトウォッシング」の存在だ。リベラルなイメージが強いハリウッドだが、原作では非白人の設定になっているキャラクターが、映画では白人俳優によって演じられることなど日常茶飯事。「大きな白人コミュニティでしかない」という批判が以前から存在するが、白人の影響力は作品におけるキャスティングだけにとどまらず、アカデミー賞といった分野にも根を張るものだ。世界で最も影響力のある映画産業にダイバーシティーは定着するのだろうか。

黒人ジェームズ・ボンドが誕生か
映画『クレイジー・リッチ!』のキャストにも注目


新しいジェームズ・ボンドは黒人? 変化求められるハリウッドの多様性

1962年の初公開以降、50年以上にわたって、世界中のファンから愛されてきたスパイ映画の「007シリーズ」。50年の間に主役のジェームズ・ボンドを演じる俳優も何度か交代しており、1960年代にショーン・コネリーが演じたボンドは、2006年から「6代目ボンド」として英俳優のダニエル・クレイグによって演じられている。007シリーズの25作目は来年公開予定で、ダニエル・クレイグ版ボンドはその作品が最後となる。25作目は『トレインスポッティング』などの代表作を持つベテランのダニー・ボイル氏が監督と脚本を兼務することで話題となったが、今月中旬に「映画制作における方向性の違い」を理由に、ボイル監督が突如降板。25作目が当初の予定通り、来年公開されるかは不明だ。

しかし、ダニエル・クレイグがすでに次回作でのボンド引退を公言しているため、「7代目ボンドは誰になるのか」という話題が、イギリスやアメリカの芸能メディアを中心に連日ニュースとして取り上げられている。7代目ボンド候補の筆頭は、ロンドン生まれの俳優で、映画やテレビドラマで活躍しているイドリス・エルバだ。アクション作品からシリアスなドラマまで、あらゆるジャンルで存在感を出すことのできる俳優で、身長190センチのガッチリした体格が新しいジェームズ・ボンド像を作り上げるかもしれない。ファンの多くはエルバが7代目ボンドになる可能性を支持したが、同時に驚きを隠せないファンも少なからずいた。エルバは西アフリカにルーツを持つ黒人俳優なのだ。

007シリーズの生みの親であるイアン・フレミングは諜報部員から作家に転身しているが、1964年に心臓の病気が原因で死去したため、シリーズの執筆は11年しか続かなかった。第1作目が世に出た1953年では黒人やアジア系のスパイヒーローという発想が、白人の作家から出てくることは、時代背景を考えても難しかったのかもしれない(映画版の1作目『ドクター・ノオ』が劇場公開されたのは1962年)。原作におけるジェームズ・ボンドは、スコットランド人の父とスイス人の母をもつイギリス人スパイであった。エルバは7代目ボンドを演じるかどうかについて、明言を避けているが、白人のヒーローと考えられていたジェームズ・ボンドを黒人俳優が演じることになった場合、映画史における大きなターニングポイントになるかもしれない。

白人のイメージが強い役を、非白人の俳優がハリウッド映画で演じることは極めて稀だ。その逆は数多く存在し、これらは総じて「ホワイトウォッシング」という言葉で呼ばれている。『ウォンテッド』でアンジェリーナ・ジョリーが演じた主人公は、原作では黒人女性であった。また、実話をベースにした『アルゴ』でベン・アフレックが演じたCIA職員は、実際にはメキシコ系アメリカ人であった。『バットマン・ビギンズ』でリアム・ニーソンが演じたラーズ・アル・グールは印象に残る悪役だったが、原作となるコミック版ではアラビア半島の遊牧民出身という設定であった。日本に関係した作品でいえば、『攻殻機動隊』をベースにしたハリウッド映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』で、日本人女性であるはずの主役が白人のスカーレット・ヨハンソンによって演じられたことで、ファンの間で論争が発生している。

今年は主要キャラクターを黒人俳優で固めた『ブラックパンサー』が話題となったが、今月17日にアメリカで公開された『クレイジー・リッチ!』が週末の興行収入成績でトップとなり、注目を集めた。『クレイジー・リッチ!』はニューヨークに住むアジア系アメリカ人の恋愛模様を描いたコメディ映画で、主要キャスト全てでアジア系の俳優を起用したハリウッドのメジャー作品は約25年ぶりとなる。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月24日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。