review

最終回「透明なゆりかご」透明な子とそうでない子の差ってそういうことか(感動)静かな祈りのドラマだった

アオイ「輝く命と、透明な命、その重さはどちらも同じ。そして、思ったよりも重かった。だから、どんな子にも言ってあげたい。おめでとう、良かったね」

9月21日(金)放送のドラマ10透明なゆりかご(NHK)。原作漫画3巻に収録されている「7日間の命」をもとにした最終話だ。

由比(瀬戸康史)は、辻村灯里(鈴木杏)のお腹の赤ちゃんに重い病気があることに気づく。生まれてきても長く生きることが難しいと告げられた灯里と夫の拓郎(金井勇太)は、人工中絶を検討していた。しかし、胎動を感じた灯里は、お腹の中にいる赤ちゃんにとって何が幸せかを考えはじめ、産むことを決意する。
最終回「透明なゆりかご」透明な子とそうでない子の差ってそういうことか(感動)静かな祈りのドラマだった
沖田×華『透明なゆりかご〜産婦人科医院看護師見習い日記〜』3巻(講談社Kissコミックス)

生まれる赤ちゃんの生死を決める責任


拓郎「俺たちまだ若いんだから、こどもはいずれ持てるよ」
灯里「この子はこの子でしょう? 同じものが工場みたいに次々できるわけじゃない。この子に次なんかないの」

お腹にいる赤ちゃんの重い病気が発覚して、一度は諦めることを決めた灯里と拓郎。しかし、妊娠20週を過ぎて胎動を感じるようになってきた灯里は、赤ちゃんの存在を体で感じていた。体の中に自分とは違う命があることを実感し、諦められない気持ちが強くなる。

そんな灯里のお腹を触っても、拓郎はまだ胎動を感じられていなかった。

拓郎「何も感じないままなのかなあ。もしいま諦めたら、何も感じないまま、この子のことを実感としては何も残らないまま、俺はきっと涼しい顔していままでどおりなんだろうな。あかり、こんなに頑張って母親になろうとしているのにな。もう少し時間があれば、俺もこの子の父親になれるかなあ」...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年9月22日のレビュー記事
「最終回「透明なゆりかご」透明な子とそうでない子の差ってそういうことか(感動)静かな祈りのドラマだった」の みんなの反応 1
  • masa 通報

    祈りのドラマ・・・よくわかる最終回でした。 視聴率獲得に追われて「まず役者ありき」の安っぽい民放のドラマはますます見られなくなりますね。

    21
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

透明なゆりかご

「透明なゆりかご」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース