いつのまにか、中国映画界は独力で『ブラックホーク・ダウン』を撮れるようになっていた……。プロパガンダ映画のフリをしつつ、実際には過剰な暴力とド根性を観客に叩き込む『オペレーション:レッド・シー』は、色々な意味で現在の中国映画の底力を教えてくれる怪作である。
必見中国戦争アクション怪作「オペレーション:レッド・シー」サディスティック激烈戦闘シーンを覚悟せよ

人民解放軍海軍陸戦隊の精鋭、中東某国へ! 人質と核物質を追跡せよ!!


『オペレーション:レッド・シー』は、一応中国のプロパガンダ映画っぽい感じで始まる。なんせ人民解放軍海軍全面協力作品だ。映画が始まってすぐ描かれるのは、ソマリア沖でのコンテナ船奪還作戦。海賊によって拿捕されたコンテナ船に部隊を突入させ、奪還するという任務である。ソマリア領海に逃げ込もうとするコンテナ船を追跡する中国海軍の最新装備! テキパキ動く兵士たち! まあ、ここはかっこよく撮ってあげないとね~と、見てるこっちもまだ余裕である。

作戦にあたるのは海軍陸戦隊のエリート部隊である"蛟竜"部隊だ。中国の海軍陸戦隊はアメリカなどでいう海兵隊にあたる部隊で、その中のエリートということになるとアメリカでいうフォース・リーコンとか、ネイビー・シールズとか、なんかそんな感じのイメージである。無事コンテナ船を奪い返した蛟竜部隊の隊員たちだが、折しも中東某国で反体制派による内戦が勃発。人質に取られた中国領事および在留中国人の救出に向かう蛟竜部隊だったが、領事の妻がテロリストによって連れ去られていたことが判明。さらに現地の中国人ジャーナリストによって、テロリストたちがブラックマーケットに横流しされた核物質を使いダーティボム(放射性物質の拡散による地域一帯の汚染を狙った爆弾)を作ろうとしていることを知る。蛟竜部隊はたった8人で敵地に踏み込み、領事の妻とダーティボムの材料となる核物質を追跡することになる。