review

フジテレビの子ども番組「じゃじゃじゃじゃ〜ン!」がウゴウゴルーガすぎる、土曜早朝の衝撃

土曜の午前4時52分。

ぐっすり寝ているか、徹夜明けで迎えるか、大人ならどちらかであろう時間帯。この眠気だらけの地に、新たに始まった子ども番組が『じゃじゃじゃじゃ〜ン!』(フジテレビ系列)だ。

フジテレビが自社制作で子ども番組を手がけるのは、実に24年ぶりのこと。じゃぁその24年前の番組はなんだったのか……といえば、あの『ウゴウゴルーガ』である。子ども番組に見せかけて幾多の大人たちを魅了した伝説の番組、その遺伝子を受け継いだ「直系」が『じゃじゃじゃじゃ〜ン!』である。
フジテレビの子ども番組「じゃじゃじゃじゃ〜ン!」がウゴウゴルーガすぎる、土曜早朝の衝撃
『ウゴウゴルーガおきらくごくらく15年!不完全復刻DVD-BOX』「おきらくごくらく!」の御発声でお馴染みのテレビくん。声は番組プロデューサーの桜井郁子が担当していた

CGキャラと子どもに見えるウゴウゴの血


『じゃじゃじゃじゃ〜ン!』の舞台は「むかしむかしの近未来」。パンダの着ぐるみを着た2人の子ども「じゃじゃじゃ」(大野流功)と「じゃ〜ン」(竹野谷咲)が、人工知能の「AIさん」と一緒に旅に出かけるところから始まる。

子どもたち以外は全てCGで描かれ、旅の途中には個性豊かなキャラクターが待ち構えている。「テング課長」(声:オテンキのり)は人の自慢話が大好きで、いい自慢話を聞くと鼻が伸びる。なぞなぞを出してくる「なぞな像」(声:オジンオズボーン篠宮)は、なぞなぞに答えられると飛んでいってしまう。

子どもたちの会話やリアクションは素の状態に近く、自慢話を問われてもモジモジしたり、突然なぞな像になぞなぞを出したりと、周りの大人たちを翻弄し……と、もうこの辺りで『ウゴウゴルーガ』の影がちらついている方もいるだろう。CGキャラが質問し、子どもたちが素に近い反応を見せる。完全に『ウゴウゴルーガ』のフォーマットだ。

あわせて読みたい

「フジテレビの子ども番組「じゃじゃじゃじゃ〜ン!」がウゴウゴルーガすぎる、土曜早朝の衝撃」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    Eテレの評判がいいので、二番煎じ?

    5
  • 匿名さん 通報

    16:47氏、それはフジテレビに言ってくれ。番組タイトルを復唱しただけ。まっとうな仕事って何ですか?職業差別ですね?人間のクズです。

    1
  • 匿名さん 通報

    >12:08 それを言ったらEテレがフジテレビをパクって、その番組を教育テレビからパクって、今度は日本教育テレビ(現テレビ朝日)や東京12チャンネル(現テレビ東京)からパクって、パクられてじゃないの?

    1
  • 匿名さん 通報

    14:53氏は、フジテレビの私の働き方・ダブルワーク体験のマネをして、過労死、過労自殺をお国のためになさってください。ご焼香。

    1
  • 匿名さん 通報

    15:39氏はダブルワークをする前にちゃんとまっとうな仕事をしてください(家族より)

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース