review

「プリティが多すぎる」カワイイの迷子になった千葉雄大をテニミュ俳優・黒羽麻璃央が導く2話

「お疲れンゴ!」
「テンアゲ〜」
「原宿でタピる」
「マジ卍」


おカタイ文芸編集者・新見(千葉雄大)が、原宿系ファッション誌『Pipin(ピピン)』編集部に異動して「カワイイ」の洗礼を受けるドラマ『プリティが多すぎる』(日本テレビ系)。
10月25日(木)深夜放送の第2話では、新見が新人編集者の登竜門「ストリートスナップ」の撮影に繰り出した。「○○ンゴ!」とは、「マジ卍」とは何なのか。そして、「カワイイ」とはいったい何なのか?
「プリティが多すぎる」カワイイの迷子になった千葉雄大をテニミュ俳優・黒羽麻璃央が導く2話
ドラマ「プリティが多すぎる」オリジナル・サウンドトラック

心が動く瞬間。「それが、“カワイイ”ってやつなんだよね」


初めてのストリートスナップ撮影。新見が撮ってきたのは、ロリータファッション、制服、ギャル系と『Pipin』の色にはあわない女の子ばかりだった。新見が推したのは、総額50万円以上のハイブランドファッションに身を包んだ女性。プチプラ(=安価な)服を中心に紹介している『Pipin』の読者について、新見がまったく理解していないことが露呈してしまった。

新見「カワイイ、カワイクない。そんな曖昧な言葉に振り回されて、何も考えていない連中に四六時中媚び売って、バカバカしい!」

自分なりにまとめたマーケティングデータに基づく雑誌の改善案も、他の編集部員に響かない。慣れない環境や女の子たちとのやり取りに、新見は苛立ってしまう。
同僚の利緒(佐津川愛美)は、そんな新見に「数字を見る前に、まずはちゃんと『Pipin』の読者のこと見てよ」と言う。

あわせて読みたい

  • 「音量を上げろタコ」舞台挨拶徹底レポ

    「音量を上げろタコ」舞台挨拶徹底レポ

  • 今夜最終「高嶺の花」無償の愛で応える

    今夜最終「高嶺の花」無償の愛で応える

  • 「もみ消して冬」キス魔・波瑠最高です

    「もみ消して冬」キス魔・波瑠最高です

  • 「もみ消して冬」愛され千葉雄大を解剖

    「もみ消して冬」愛され千葉雄大を解剖

  • レビューの記事をもっと見る 2018年11月1日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース