review

最終回「ハラスメントゲーム」スーパー愛を叫ぶ「ネット便利だけど、実店舗は必要!」田中直樹も必要だった

       
「働くこと」をテーマにしたテレ東のドラマ枠「ドラマBiz」第3弾『ハラスメントゲーム』(テレビ東京・月曜22:00〜)最終回「決戦の時は来た!!」。
最終回「ハラスメントゲーム」スーパー愛を叫ぶ「ネット便利だけど、実店舗は必要!」田中直樹も必要だった
イラストと文/北村ヂン

第1話の1円玉が再び


軟禁状態となっていた丸尾社長(滝藤賢一)をホテルから連れ帰ることに成功した秋津渉(唐沢寿明)。

しかし、会社売却の契約を迫る買収ファンド「ナスキーパートナーズ」代表・横手理市(加藤雅也)の攻撃は収まらなかった。

スーパーに「カスタマーハラスメント」軍団を送り込んだり、ネットで「全店閉店」のデマを流したり。

そして、横手の持つ最大の隠し球は「一円玉の写真」。一瞬、「なんじゃそりゃ?」と思ったけど、第1話でメロンパンに異物していたやつか!

あの時は異物を混入させた社員と、その店の店長を守るため、異物混入事件自体は自主的に公表したものの、犯人に関しては「判明していない」と言及するにとどめていた。

確かに、犯人が自社の社員であると分かっていながら隠蔽していたことがバレたら大スキャンダルだ。

ショックを受けた丸尾社長は、

「たとえスーパーは諦めても、マルオーの名前だけは守る。それが創業家の役目なんだ」

と、横手との契約を締結することを決心する。

田中直樹、なんで出てこないんだ! 予算の関係か!?


最終回のサブタイトルは「決戦の時は来た!!」。

横手はラスボス感あふれる悪役ではあるものの、最終回前にポッと出てきたキャラクター。「決戦」する相手としては弱いかなと思っていたのが、これは対・横手ではなく、気弱でボンクラな社長との「決戦」なのだろう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「最終回「ハラスメントゲーム」スーパー愛を叫ぶ「ネット便利だけど、実店舗は必要!」田中直樹も必要だった」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    脇田社長のマルオーがどうなったか、見てみたい!

    1
  • 匿名さん 通報

    結局、過敏すぎるハラスメント多様化は、自分達および社会の首を自ら絞めているだけなのが、よく判るドラマ。

    1
  • 匿名さん 通報

    田中直樹・・・池の水を抜いている間に出演できそうな・・・。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ハラスメントゲーム

ハラスメントゲームのレビュー記事一覧

2018年12月11日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。