review

「ドロ刑」最終回直前検証。伏線を整理したら世界が反転する予感…稲森いずみは煙鴉をなぜ本名で呼んだのか

       
12月8日に『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(日本テレビ系)(日本テレビ系)の第9話が放送された。(関連)
「ドロ刑」最終回直前検証。伏線を整理したら世界が反転する予感…稲森いずみは煙鴉をなぜ本名で呼んだのか
ドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」 オリジナル・サウンドトラック/バップ

今夜放送の10話で最終回を迎えるこのドラマ。その一週前となる今回は、エンディングに向けての筋振りが終始行われる内容だった。答えが出るのは最終話。現時点では提示された伏線を見て結末を予想し、期待を昂ぶらせる姿勢こそ正しい楽しみ方だと思う。

煙鴉は正義のためにしか動いていない


本稿では、9話で張られた伏線を拾い上げ、そこにどういう意味があるかを考えていきたい。もちろん、予測でしかないので読み間違えも起こるだろう。ご了承いただきたい。

●虹
煙鴉(遠藤憲一)が斑目勉(中島健人)へ提示したヒントに「虹」というワードがある。
「虹をつかもうとした。バカだった俺は、それで全てを……踏み潰された。でかいものにな」
虹を英語にするとRAINBOW。現在、このワードは煙鴉がターゲットとする人物の頭文字とされている。議員の大久保盛男(上島竜兵)の頭文字は「O」、元官僚の七波隆(須永慶)は「N」、元裁判官の阿川義一(本村健太郎)は「A」。残るターゲットの頭文字は「R」、「I」、「B」、「W」の4人ということになる。その内の2人に、皇子山隆俊(中村倫也)の妹・真里(真魚)が慕った医師・伴清彦(村松利史)と、不動産会社会長・龍崎一郎(渡辺哲)が含まれていることは間違いない。両者のイニシャルは「B」と「R」だ。

「虹」というワードが提示する伏線は、きっとこれだけに収まらない。伴が務める病院へ立ち寄った皇子山が車を走らせた。彼の車は、偶然にも「虹の見える丘公園」の脇を駆ける。20年前から分譲地として出されている公園だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」に関する記事

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」に関する記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。