review

赤塚不二夫の影武者はパロディマンガの元祖でもあった。追悼・長谷邦夫

去る11月25日、マンガ家の長谷邦夫(ながたに・くにお)が81歳で亡くなった。一般的にはさほど知名度は高くないだろうが、赤塚不二夫のブレーン、マネージャーとしてその全盛期を支えたほか、パロディマンガの作者として、マンガ史にその名を残す。

長谷の業績はマンガ界だけにとどまらない。『タモリと戦後ニッポン』の著者としては、タモリのデビューにかかわっていることにもぜひ触れておかねばならない。
長谷邦夫のパロディマンガをすべて収録した『パロディ漫画大全』(水声社)。現在、古書価格が高騰しているので再販がまたれる

赤塚不二夫にタモリを紹介した男


長谷には『漫画に愛を叫んだ男たち』(清流出版)や『桜三月散歩道』(水声社)などいくつか自伝的な著作があり、タモリとの出会いについてもくわしく書かれている。それによれば、70年代、新宿の酒場「ジャックの豆の木」の常連客だった長谷は、飲み仲間のジャズピアニストの山下洋輔やジャズサックス奏者の中村誠一から、公演先の福岡で出会った男の話を聞く。その男は、山下たちが公演後、ホテルに戻って隠し芸を見せ合っていたところへ突然現れたかと思うと、彼らに対抗するようにデタラメ外国語などの芸を披露し、爆笑を誘ったという。その男こそタモリだった。噂を聞いた長谷らジャックの常連客はぜひその芸を見たいと思い、カネを出し合って福岡からの新幹線代を捻出し、タモリを東京に呼び出すにいたったとは、よく知られるところである。

タモリ上京時のエピソードとしてはまた、ジャックで芸を披露したタモリを赤塚不二夫が一目見て気に入り、自分のマンションの一室に居候させたという話もよく知られる。じつはこのとき、赤塚とタモリをつないだのが長谷であった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク