review

「色づく世界の明日から」篠原俊哉監督の密かな試み「『時間』と『人』の関係性にも触れられるのでは」

人々をほんの少しだけ幸せにできる小さな奇跡「魔法」が存在する世界。
長崎の街で「まほう屋」を営む魔法使いの一族に生まれた月白瞳美は、幼少期のある時から色覚を失い、灰色の世界で心を閉ざしたまま高校2年生になった。
そんな孫娘を優しく見守ってきた「大魔法使い」の月白琥珀は、祭りの夜に「今から高校2年生の私に会いに行きなさい」と告げると、瞳美を時間旅行の魔法で60年前へと送り出す。
訳も分からぬまま60年前(=2018年)の長崎にやって来た瞳美は、ひとつ年上の葵唯翔が描いていた絵に惹きつけられる。金色の魚が描かれたその絵にだけ、鮮やかな色と光が見えたのだ。
色と光はすぐに失われたが、南ヶ丘高校に編入し写真美術部に入った瞳美は、優しい部員や同じ年の祖母と共に新たな学校生活を始める。今まで避けてきた魔法も練習するようになり、唯翔との心の距離も少しずつ近づくが、次第に時間魔法に綻びが見えてきて……。

『凪のあすから』篠原俊哉監督P.A.WORKSが5年ぶりでタッグを組んだオリジナルアニメ『色づく世界の明日から』がついに最終回。Amazon Prime Videoでの最速独占配信や、TBS、AT-Xなどに続いて、1月4日(金)の深夜にはMBSでも第13話(最終話)が放送された。
「色づく世界の明日から」篠原俊哉監督の密かな試み「『時間』と『人』の関係性にも触れられるのでは」
物語の中心となるのは南ヶ丘高校写真美術部(後に魔法写真美術部)の7人。前列右から時計回りに、月白瞳美、月白琥珀、川合胡桃、深澤千草、葵唯翔、山吹翔、風野あさぎ。瞳美、琥珀、あさぎはクラスメイト

そこでエキレビ!では、制作作業もラストスパートの最中、篠原監督にインタビュー。最終回のネタバレ無しのこの前編では、P.A.WORKSの山本輝ラインプロデューサー...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2019年1月5日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース