smadan

タバコは擁護できないレベルに「オワコン」 コスパ悪いのにやめられないのはなぜか?

タバコは擁護できないレベルに「オワコン」 コスパ悪いのにやめられないのはなぜか?
タバコは擁護できないレベルに「オワコン」 コスパ悪いのにやめられないのはなぜか?
タバコは擁護できないレベルに「オワコン」 コスパ悪いのにやめられないのはなぜか?
タバコは擁護できないレベルに「オワコン」 コスパ悪いのにやめられないのはなぜか?

「禁煙?人の趣味に口を出すな!」


最近、タバコ吸ってますか?
喫煙者からすると、年々タバコに風当たりが厳しくなる環境にウンザリしますよね。かく言う僕も10年前、20代の頃は喫煙者でしたので、「人の趣味に口を出すんじゃないよ!」と不満に思う気持ちはよく分かります。

とはいえ、2018年7月に「受動喫煙防止法」が成立、2020年4月からスタートすることが決まってしまい、もう禁煙の流れは待ったなしの状況です。世の中は昔から「禁煙しろ」とうるさいですが、では時代のトレンド的に「喫煙習慣」というのはどう捉えるべきなのでしょうか?

もう擁護のしようがないレベルでオワコン


結論から言うと、「タバコはオワコン」です。僕もかつて喫煙者だったのでもう少しバランスの良い表現にしたいところなのですが、もうこれは擁護のしようがないくらい、タバコという嗜好品は世の中の変化に取り残されています。

まず厚生労働省のデータを見ると、喫煙者は明らかに年々減り続けています。これは要は、喫煙者が「社会的マイノリティ」になっているということです。

他の多くの「マイノリティ」がそうであるように、マイノリティは社会で生きづらい存在になる場合が多いです。車椅子の利用をする方はやはり未だにバスや電車に乗るのが大変ですし、人工肛門をつけている人のためのトイレ「オストメイト」も依然見かけることは少ないです。社会のマイノリティに対しての理解は進んでいますが、やはり「数の力」は大きいのでしょう。

自宅でも吸えない時代に


喫煙者がマイノリティになると、どうなるのか。まずただでさえ減ってる喫煙所の数がさらに減り、不便になるでしょう。

飲食店などでの屋内完全禁煙はもちろんのこと、マンションでは「敷地内禁煙」(ベランダや自宅のキッチン換気扇下でさえNGの場合も)ルールを設ける管理組合も増えています。出先どころか、自分の家でさえも自由に吸えない状況になりつつあります。

これは「継続的に摂取しなければいけない」という特性を持ったタバコにとっては大きな痛手です。喫煙できない時間は渇望感、不快感をもたらしますので、楽しむためにやっている趣味で、一日の大半不幸になっているなんてことにもなりかねません。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2019年1月19日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース