review

「みかづき」仕掛ける高橋一生に暴投永作博美「本当に長い歳月を一緒に重ねてきたような」いいドラマでした

「対話するときにノーで受けるとテンポがあがり、イエスで受けるとテンポが落ち着く」という作劇法がある。
ドラマ『みかづき』(公式)はこの使い分けが見事で、緩急の気持ち良い作品だった。
「みかづき」仕掛ける高橋一生に暴投永作博美「本当に長い歳月を一緒に重ねてきたような」いいドラマでした
ドラマの中では大島吾郎が書いた本として登場する原作『みかづき』。著者は森絵都

高橋一生の“仕掛け”た部分


第1話。
ワッフルを官能的に食べ、教育への想いを語り合うゆったりとしたシーン。
意気投合した二人、帰り道。
「こんな夜ははじめて」と千明が言って、吾郎も賛同して語るが「こんな夜」の解釈がめちゃくちゃズレていたことから喧嘩になる。
「はぁ↑」と永作博美が怒り、高橋一生が「あ、ちがった。ちがいました」と受ける。
いったん“ちがった”(仲良くなたままの口調)と言ったが、“ちがいました”とていねいに言い直すリアリティ。

2月2日(土)の土曜スタジオパークで、演出家の片岡敬司がこう語っていた。
「あの二人の芝居の基本パタンは、永作さんが暴投を投げまくる、力いっぱい。全部一生さんが捕る。このパタン。なかなかできる人たちはいない」
それに対して、高橋一生が、
「片岡さんには永作さんの暴投に見えてますけど、ぼくが微妙にちょっと仕掛けていくところがあったかもしれないです。それに対して永作さんが対応してくださってる」と語る。

「あ、ちがった。ちがいました」は、まさに高橋一生の“仕掛け”た部分なのではないか。
これに対応して、永作博美の演技がドライブする。
「あなた、は、なんて人! 女性と、いると、必ず、何か、するわけですか。何かしてきた、というわけ」

あわせて読みたい

  • 「みかづき」壇蜜はなんと囁いたのか

    「みかづき」壇蜜はなんと囁いたのか

  • 「みかづき」時代背景ごとまとめてみた

    「みかづき」時代背景ごとまとめてみた

  • 高橋一生「みかづき」コミカル演出是非

    高橋一生「みかづき」コミカル演出是非

  • 今年最高に心震えた森絵都『みかづき』

    今年最高に心震えた森絵都『みかづき』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年2月25日のレビュー記事
    「「みかづき」仕掛ける高橋一生に暴投永作博美「本当に長い歳月を一緒に重ねてきたような」いいドラマでした」の みんなの反応 7
    • 結局 通報

      やっぱり没かいな。

      1
    • ちなみに、 通報

      このエクセルの表、著者への本人確認してますか?「大雑把」って、著者本人に絶対してはいけないでしょう。

      1
    • 匿名さん 通報

      私のコメントが怖かったら、どうぞ、削除なりなんなりと!

      1
    • 匿名さん 通報

      このサイトって、大体コメントが、嫌なものばかり。何か他人から書かれるようなもの、書かない方が、今後のPVのためになると思いますよ。人間の醜悪なんて、やっぱり見れたもんじゃない。

      1
    • 匿名さん 通報

      コメントでアクセスランキング稼ぐなんて、いい度胸してるじゃない。(終)。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース